top of page

建替えに向けて〜エアコンと照明〜

8/9のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は久々にバスケに行ってきました。約10日ぶりを『久々』と言えるほど、最近はコンスタントにバスケができていて嬉しいです。コロナが始まってからは1年以上まともにバスケできていなかったことを考えると幸せな日々を過ごせています。


ただ肝心のパフォーマンスは全然ダメでした。昨日筋トレした影響からか足がガクガクで、体力のなさも相まってディフェンスもオフェンスも何もできませんでした。まあ楽しかったから良いか、と言いたいところですが、ちゃんと運動できてきている最近の自分にはもう少し期待したいところです。引き続き頑張ります。


==========================

建替えに向けて〜エアコンと照明〜

==========================


今日は午後に設計事務所さんとの打ち合わせがありました。段々と細かい話になってきていますが、今日はエアコンの位置と、照明の種類•位置の確認作業を行いました。


お寺の部分はもちろんですが、私たちの住居部分だけでも三世帯構造になります。まずは、それぞれに適したエアコンの位置や容量を、設計事務所さんからお話ししていただきました。概ね仰っていた通りになりそうですが、場所によっては、ここは必要ないですねとか、逆に、ここは必要なんじゃないですか、みたいな話をしていきます。細かいことですが、日々のことですので、お客さまの動線、我々の動線、我々の生活スタイルなどをイメージしながら考えないといけません。


打ち合わせ終わりで振り返ってみると、結構贅沢な内容になったかもしれません。まだ見積前なのでもちろん変更は可能なんですが、今のお寺で過ごしている中で感じる不満点がてんこ盛りになっている感じです。より良いお寺にしていきたいので良いことなんですが、見積次第では再考いたします。


次に照明についてご説明していただきました。各部屋の照明の位置、種類を丁寧にお話ししていただきながら、ここでもこちらの希望を盛り込みながら、すり合わせていきます。


その中で特に話の焦点に上がったのが、お座敷と、喫茶スペースの照明です。どちらも蛍光灯は使わない方向で考えていただいて、更にその上で、印象に残る照明を目指しています。特に喫茶スペースは2階まで吹き抜けのスペースになりますので、そこに垂らすペンダントライトをどういうものにするかで印象が全然変わってきます。完全にこだわりポイントですので、きちんと調べながら納得のいくものを選んでいきます。


スケジュール的には今年中に工事を始めたいところですが、正直まだ見通しが立っていません。我々も、こんなに決めることが多いのかと困惑していますが、設計事務所さんも頑張ってくださっています。かと言って先延ばしにし続けたら、応援してくださっているお檀家さんに申し訳ありませんので、スピードアップしながら頑張って進めていまいります。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。設計が決まったら、ボタン一つでパッと完成したら楽なんですが。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。