家庭通信執筆は苦しいけど大事な仕事

6/17のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


NBAファイナルの第6戦があって、ウォリアーズの勝利。これで4勝2敗として、今シーズンのチャンピオンに輝きました。いやー、まさにダイナスティ(王朝)と呼ばれているのにふさわしいほど強かったです。現代バスケのルール上では、健康体のウォリアーズが『正解』のチームなんじゃないかと思います。何にせよ、おめでとうございます。


ただ、セルティックスはまだまだ若いチームです。来年また同じ舞台に帰って来られるように、果てしない道のりだとは思いますが、頑張ってほしいと思います。引き続き応援していきます。


===========================

家庭通信執筆は苦しいけど大事な仕事

===========================


今日は午前中にジムに行ってきました。最近は、少なくとも週に一回はジムに行けているので良いペースです。7月からは下の子も保育園に預ける予定なので、より頻繁にジムに行けるようになることに期待しています。


ただ遊んでるばかりじゃなく、それ以外の時間は、法善寺の会報誌『家庭通信』の執筆をおこなっていました。来週半ば頃には門徒さんのご自宅にお送りしたいと思って動いています。今日は久々にまとまった時間が取れたので、かなり作業が捗りました。


毎日こんなブログを書いておいて何ですが、執筆作業はまあまあ苦しい作業だったりします。パソコンを使っているので、実際に筆やペンをとって紙に書いているわけではあありませんが、何かを生み出す作業というのはやっぱりそれなりに大変だったりします。家庭通信は、書き始めてもう3年以上経っていますので、例えば行事案内だったら昨年や一昨年のバックナンバーを使いまわせば良いようなものですが、性格的にそれはしたくないので、毎回苦しんでいます。もちろんバックナンバーを参考にしたりはしますが、そこで立ち止まりたくない自分がいるわけです。


まあこんなこと言いながらも別にカッコつけているわけでもなく、昨年のを見返すと『うわ、ひどい表現だな』と思ったりしますので、毎回アップデートを重ねている感じでしょうか。また今号では、5月3日に厳修した住職就職奉告式についてのレポートも掲載しております。こういった記事は。それこそ完全にゼロからの執筆になりますが、こういうところこそ読まれるんじゃないかと思っていますので気合を入れて書いているつもりです。


いろいろグダグダと書きましたが、この家庭通信は自分にとって大事な仕事ランキングでかなり上位に来ている仕事です。時間もかかっていますし、気合も入れているつもりですので、届いたら是非読んでいただきたいなーと思っています、ということをお伝えしたかっただけです。門徒さんじゃない方は、私に『読んでみたい』とお伝えいただくか、お寺にお越しいただければお渡しできます。お気軽にお申し付けください。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。明日で完璧に仕上げるぞい。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。