トヨタ メガウェブへ行く

4/17のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日はNBAで、渡邊雄太選手が大活躍しました。選手がなかなか揃わないチーム状況が出場の後押しをしているのは一因としてありますが、それでもその少ないチャンスをモノにして結果を出していて、本当に素晴らしいです。この調子で頑張れば、間違いなく本契約を勝ち取るはずです。どこのチームでも良いので、よろしくお願いします。


リーグ全体で見れば、シーズンは各チーム残り15試合くらいになってきました。早ければ、そろそろプレイオフを確定させるチームも出て来そうです。東西どちらともプレイオフ争いが熾烈そうで、ここらへんから更にNBAは面白くなってきます。プレイオフが今から楽しみです。



====================

トヨタ メガウェブへ行く

====================


さてそんな今日ですが、午前中に細かい事務作業をして、午後は妻の実家に行ってきました。息子を連れ出し、2人でお台場へ行ってきました。車が好きな息子を、『メガウェブ』というトヨタのテーマパークに連れていきました。ホームページによれば、"見て、乗って、感じる"テーマパークとのことで、そのキャッチフレーズに負けないくらい楽しかったです。


施設内はざっくりと3つのエリアに分かれているみたいで、メインになるのが車がたくさん並んでいる『トヨタ シティショウケース』です。トヨタにそこまで詳しくはありませんが、ほとんど全車種あるんじゃないのかな?と思うくらいたくさんの車が展示されていました。現行車以外にも、レーシングカーや車の機能を説明するために骨組みになっているものなんかも展示されていて、とても面白かったです。

特別な車以外は大体運転席などに座り込むことが出来るので、息子を私のヒザの上に乗せて、運転席からの眺めを見せてあげることが出来ました。もちろん動かせるわけでは無いので、大人からしたら何が面白いのか分かりませんが、息子はそこからの景色やハンドルについてるボタンなんかを触って大興奮していました。車から降りる時には、こっちが引くくらい泣いていました。


シティショウケース内には売店もあって、ミニカーやらアパレルやらシューズやらが売っていました。F1のミニカーとかが置いてあって、このタイプは持ってないからお土産に買ってあげようかなと思ってショウケースの前に連れて行くと、案の定食い付いていました。鍵をこじ開ける勢いでしたので、おいおいと思いながら見ると大体どれも1万円くらいで驚きました。頑張って息子をそこから引きはがし(もちろん泣きました)、トミカコーナーでヘリコプターを買ってあげました。何のお土産か分からなくなりましたが、気に入っているので良しとしましょう。

観覧車を挟んで(ほぼリアクション無し)、次の『ライドスタジオ』というエリアへ。ここでは、免許の無い子供でも簡単に運転できる車が用意されていて、施設内のコースを運転できます。ただうちの息子はそれでもまだ小さすぎるので(1歳7か月)、今回はただ見ているだけです。親子で乗れるものもあるみたいですが、事前予約しないと難しそうです。羨ましそうに見ていましたので、次はちゃんと予約を取って来てみたいと思います。


もう一つ、『ヒストリーガレージ』というエリアもあったそうですが、完全に見落としていました。今ホームページで見ていますが、昭和をイメージしたようなノスタルジックな空間に当時のヒストリーカーが展示されているそうです。なんで見落としたのか悔しいくらい行ってみたいエリアです。次は、ライドスタジオとヒストリーガレージのリベンジをしに行きます。


ちなみに入場料などはかからず、0円です。水素で走る話題の車『MIRAI』や、市販されないようなコンセプトカーなどもたくさん展示されていて、大人も子供も楽しめる空間でした。ただの車メーカーじゃない、時代の先を見据えているトヨタの心意気が感じられるような施設でしたので、興味のある方は是非。


明日は切り替えて、がっつり仕事と蘭亭序の全臨をやろうと思います。引き続き、頑張ります。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。