バスケワールドカップ

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日は、たまの恒例となりつつある、バスケのことを書こうと思います。例によって、ただのバスケ好きの思ったことを書いておりますので、『お前が言うな!』的な感想は持たないでください笑

ご存知の方も多いと思いますが、FIBAワールドカップが8/31に中国で開催しました。全32チームが参加し、8グループに分けられています。日本が所属しているグループにはトルコ、チェコ、そしてアメリカがいます。アメリカは言わずもがなですが、トルコもチェコも日本から比べると格上のチームです。ただ日本は、ワールドカップ予選では更に格上のオーストラリアに勝っていますし、8月の親善試合ではニュージーランドやドイツにも勝利を収めました。私自身もそうでしたが、『今の日本だったらチェコやトルコに勝てるんじゃないのか』と多くの人が思っていたと思います。

ただ現実は違いました。9/1のトルコ戦、そして本日9/3のチェコ戦と、日本は連敗を喫してしまいました。残すは9/5のアメリカ戦、順当に行ってしまえば日本は一勝も出来ずにワールドカップを終えることになります。

トルコ戦もチェコ戦も中継を見ていましたが、日本はアウェイの舞台に弱い、というのが印象です。思えば、先に書いた格上チームに勝利を収めた試合も、全て日本のホームでの試合でした。ホームじゃない場所でも勝ち切る力、これはほぼメンタルの力です。このメンタルを鍛えるには、Bリーグで試合したり、年に数回の親善試合では駄目だと思います。

Bリーグにもホームやアウェイが確かにありますが、全て日本国内です。時差もなければ大きな文化の違いもない。何より日本語が通じます。近くにコンビニがあって、おにぎりとお茶が気軽に買えるわけです。そうじゃない土地で活躍できる力を、日本の選手にも付けてほしいです。だからBリーグの選手には、どんどん海外に行ってほしいと思います。アメリカだけじゃなくて、ヨーロッパでも良いと思います。実力があって、ワールドカップやオリンピックで活躍したい選手は、どんどん行ってほしいです。

と、ここまで書いて思いましたが、来年のオリンピックはホームの東京なので、ワールドカップより期待できるかもしれません笑

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

年間行事のお知らせや、副住職の日記の更新などを​お知らせいたします。ご登録宜しくお願いします。

LINE
法善寺家紋

​浄土真宗東本願寺派

龍飛山法善寺

〒110-0015

東京都台東区東上野6-17-3(MAP)

最寄り駅:東京メトロ銀座線『稲荷町駅』 徒歩5分

       JR『上野駅』入谷口 徒歩7分

電話 :03-3844-7613

FAX  :03-3844-7942

メールinfo@houzenji.org

■お問合せはこちら

© 2020 法善寺 All Rights Reserved