念仏とは?


みなさん、こんにちは!

法善寺の副住職、中山龍之介です。

このブログ、週1回くらい更新したいなーと思っているのですが、気付いたら前回更新してから10日以上が経過してしまっていました。

楽しみにしていただいているたくさん(?)の方々、申し訳ございません!

さてさて、私は現在、東本願寺の本願寺学院というところで勉強をしております。そこで勉強していることを交えながら、今日はきちんとしたお話を!(笑)

ご存知の通り、浄土真宗では『南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)』と称(とな)えます。

なまーんだぶ、なまだぶ、なんまんだぶ、etc...

省略されたりもしますが、要は『なむあみだぶつ』と言っています!

ではこの、『なむあみだぶつ』とはどういう意味なのか?

最初にお伝えしたいのは、南無阿弥陀仏は音に当てた漢字名ので、漢字自体に意味はありません。(南が無くて阿弥陀の仏?なんて考えていたら、ゴールは見えません。)

『なむあみだぶつ』は『なむ』と『あみだぶつ』に分けられます。

まず『なむ』というのはインドの古い言葉であるサンスクリット語(梵語)で『お願いします』や『頼みます』という意味です。

英語で言うと『Please』みたいな意味でしょうか?

そして『あみだぶつ』。こちらは仏様のお名前です。

『法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)』がお誓いを立てて阿弥陀仏になったのですが、そのお誓いがすごいんです。

四十八の誓願を立てたと言われていますが、その中でも第十八願(本願)を浄土真宗では大切にしています。

それがこちら!!

『設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚 唯除五逆 誹謗正法』

分かりましたか?分かりませんよね?

はい、すみません、それでは、現代語訳、しましょう。

『わたしが仏になるとき、すべての人々が心から信じて、わたしの国(浄土)に生まれたいと願い、わずか十回でも念仏して、もし生まれることができないようなら、わたしは決してさとりを開きません。ただし、五逆の罪を犯したり、仏の教えを謗そしるものだけは除かれます。』

要はですね、『念仏をすれば極楽浄土に行けるぞ!』という、素晴らしいお誓いなのです。

法蔵菩薩が悟りを開き、阿弥陀仏になったということは、このお誓いが成就した、ということなんですね。

このお誓いに救われるために、浄土真宗では『南無阿弥陀仏』と称えているんです。

プリーズ阿弥陀仏!と、まあそういうワケなんですね、はい。

ただし!ここだけ安易に切り取って『念仏すればいいのか、簡単じゃん!』と考えてもいけません。本願にもきちんと書いてありますが、『心から信じて』ということが、とても重要なのです。つまり『信心を持つ』ということです。

※五逆などについては、ここでは割愛させていただきます。

ただこの『信心』を手に入れるのはとても難しいです。

じゃあ信心が無いと南無阿弥陀仏と称えてはいけないのか?そういうことでもありません。

まずは手を合わせて、南無阿弥陀仏と称えていきましょう!これはとても簡単です。

 ・お風呂に入って、シャワーの温度が温かくなるのを待つ間。

 ・マンションのエレベーターのボタンを押して、到着するのを待つ間。

 ・個室トイレに入り、座って一息ついてから踏ん張るまでの間

 ・コンビニ弁当を電子レンジで暖めている間

 ・夜寝ようと布団に入り、心地の良い姿勢を探している間

こんなちょっとした時間があれば出来ちゃいます。

まずは念仏から始めてみましょう!信心はきっと、後から付いてきます。

ではでは、みなさんご一緒に。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

年間行事のお知らせや、副住職の日記の更新などを​お知らせいたします。ご登録宜しくお願いします。

LINE
法善寺家紋

​浄土真宗東本願寺派

龍飛山法善寺

〒110-0015

東京都台東区東上野6-17-3(MAP)

最寄り駅:東京メトロ銀座線『稲荷町駅』 徒歩5分

       JR『上野駅』入谷口 徒歩7分

電話 :03-3844-7613

FAX  :03-3844-7942

メールinfo@houzenji.org

■お問合せはこちら

© 2020 法善寺 All Rights Reserved