You Tubeで勉強できる時代

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

私は高校時代、理数系でした。理数系が得意だったかは謎ですが笑、日本史や世界史にはほとんど興味がなく、古文や漢文もほとんど理解していなかったです。

それでも特に困ることなく生きて参りましたが、お寺に入ってからは勉強しておけば良かった、と少し後悔しています。

親鸞聖人が書かれた教行信証は古文と漢文で成り立っていますし、お経が和訳された文章もほぼ古文です。書いてあることを理解するためにも、勉強し直さないといけないな、と思っているところです。

また日本史や世界史の知識も必要です。

世間一般的にはお坊さんは歴史に詳しい人というイメージだそうで笑、それに応えられていない自分が歯がゆいと感じることが多いです。

ただ、本を読んでもなかなか理解できないので、YouTubeで勉強をしています笑 オリエンタルラジオの中田敦彦さんがやっているチャンネル『ユーチューブ大学』を見ることで、なんとなくの歴史の流れがわかります。

さすが芸人さん、話が上手くてとても面白いのでオススメです。

祖父は、人間は学ぶために生きている、と言っていました。学ぶことに遅いことはない、と信じて頑張ろうと思います。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事