top of page

他人に惑わされず、己と向き合え

11/18のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


昨日はブログを更新できませんでした。ここ最近、薄っすらと睡眠不足な状態が続いていまして、ここぞとばかりに取り返しました。人間、寝溜めは出来ませんが、寝取り返しは出来るみたいです。


ということで元気な一日を過ごせまして、夜8時現在も眠くならずにいます。やっぱり睡眠は大事です。皆さんもお気を付けください。


=============================

他人に惑わされず、己と向き合え

=============================


そんな今日ですが、いくつかショッキングなニュースが飛び込んできました。その中でも特に目に留まったのは、羽生結弦さんの離婚でした。


え、ついこの前結婚したばかりじゃなかった?と思って初めは目を疑ったのですが、どうやら本当だと記事を読んで知りました。理由が理由なだけに、なんとも心苦しい気持ちになりました。


私は特にファンではありませんが、羽生選手が人気だということくらいは知っています。オリンピックを2連覇されていますし、色んなCMに出ていたり、何より結婚のニュースのときにはワイドショーなどが大騒ぎとなっていました。


そんな有名人なので結婚後のリアクションもある程度は想定されていたとは思いますが、想像以上の苦しみだったんだろうなぁと推察します。相手の方を逆にきちんと公表してれば変な憶測を呼んだりしなかったのかも、と思ったりもしますが、こんな言い訳はただの後出しジャンケンです。


こういったニュースを見ると、少なくとも日本においては有名人になることのデメリットが大きすぎるよなと思います。特に最近は心の貧しい方が多くなった印象で、何をやったって僻み妬みの対象になってしまいます。


仮に持ち上げられてもそんなのは一瞬で、なにかやらかせばずーっとずーっと言われ続けます。セカンドチャンスを与えない世の中には、本当に嫌気が差します。


国会議員とか官僚とか、こんな時代でもやってる人は、本当にすごいなぁと思います。嫌味なしで、皆さん大変な志を持たれているんだろうと思いますし、自分ならいくら給料が高くてもやりたくありません。怖すぎます。


今の我々に求められるのは、人を叩く前に、まずは自分と向き合うことだと思います。SNSやインターネットのお陰でたくさんの情報に触れられるため、他人の本来はどうでも良いことまで耳に入ってきます。そこに惑わされず自分の向き合う、この気持ちの強さを持っていたいものです。


今日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。世の中の情報の殆どは、実は自分にはどうでも良いことなんです。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page