予期せぬ出来事は、予期できるか

みなさん、こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

ゴールデンウィークも終わり、やっと平日がやってきました。溜まっていた仕事を片付けたりしておりましたが、本日は銀行はどこも混んでおりました。やはりみなさん、平日が待ち遠しかったようです。どこかのニュース記事に載っておりましたが、今回の10連休を、10連休としてすべて休めた人は全体の20%くらいだったそうです。逆に言うと残りの80%は何らかの仕事が入っていたということです。うーん、今回の10連休は、なんだか意味があったのかなかったのか、良く分かりません笑

さて、実は昨日から妻のスマホが壊れてしまいまして、本日はその修理に一緒に行ってきました。iPhoneを使っているのですが、リンゴループという症状だそうで、ディスプレイにアップルのマークが付いたり消えたりするのが延々とループされる現象です。原因は色々とあるみたいですが、妻の場合はハードウェアが破損しているとのことで機器ごと交換となってしまいました。背面ガラスにひびが入っていましたが、それは半年以上前の傷ですので、今回の故障の本当の原因は謎のままです。確率は高くないですが、一定数発生してしまうトラブルだそうです。機器交換ですので、お金も取られてしまいました。

このような予期せぬ出来事は、必ず起こります。思い出すのはまだ社会人なりたての頃、月々の自分の支出を予測して、毎月の貯金額を算出しました。まあこれぐらいは貯められるかな、と思いながらも、なかなか貯金ができずに数か月が経ってしまいました。よくよく原因を探ってみると、毎月何らかの予定にはない支出があったからでした。例えば急に飲みに行くことになったり、飲みに行ったら予想より高かったり、終電間に合わなくてタクシーで帰ることになったり。。。荒れた生活でしたね笑

こんな簡単なことでも、人間はすぐに気付けないものです(私の出来が悪いのはここではスルー)。真実を見る、涅槃に至る八正道のひとつ『正見』がこれに当たるのでしょうか。浄土真宗では、現世では仏になることができないと言われています。つまり、現世では煩悩を無くし悟りを開くことができない、ということです。ただ、だからと言って、ぐーたらと生活していいのかというとそれは違います。『仏のような』人を目指して、日々の生活から精進することが大事です。皆様におかれましても、阿弥陀様の信心を頂くためにも、菩提心を起こす、つまり仏を目指して日々の生活を送っていただければと思います。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

年間行事のお知らせや、副住職の日記の更新などを​お知らせいたします。ご登録宜しくお願いします。

LINE
法善寺家紋

​浄土真宗東本願寺派

龍飛山法善寺

〒110-0015

東京都台東区東上野6-17-3(MAP)

最寄り駅:東京メトロ銀座線『稲荷町駅』 徒歩5分

       JR『上野駅』入谷口 徒歩7分

電話 :03-3844-7613

FAX  :03-3844-7942

メールinfo@houzenji.org

■お問合せはこちら

© 2020 法善寺 All Rights Reserved