NBAファイナル開幕と松坂引退

7/7のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


七夕の今日、東京都では緊急事態宣言が発令されるんじゃないかというニュースが飛び込んできました。期間は7月11日~8月22日になりそうですが、オリンピックと丸被りです。


政府や都の矛盾しまくった政策に、もはや呆れすぎて何も言えない、というのが私も含めてみなさんの意見だと思います。確かに新規感染者数は増えてはいますが、重症者数はそこまでひっ迫していませんし、何よりこの時期に緊急事態宣言を発令するんであれば、オリンピックの中止はマストでしょう。それもしないで緊急事態宣言発令では、誰も言う事聞かないんじゃないでしょうか。


今日も日本代表のバスケの試合がテレビでやっていましたが、ここ最近は『どうせオリンピックが開催されるなら楽しむか』という気持ちになっていただけに大変残念です。このままでは、どういう気持ちでオリンピックを見て良いのか分かりません。緊急事態宣言が発令されることで、何かを諦めなければいけない人がたくさんいるからです。


ちなみに、私事で小さい話かもしれませんが、仮に緊急事態宣言が発令されれば、7月25日に予定されていた私の本山での法話も中止になると思います。元々は3月25日の予定でしたが5月25日に延期となり、更にそこから7月25日に延期されましたが、またまた延期となりそうです。悲しいことに縁が無いんじゃないかと思えてくるほどですが、また声を掛けて頂けるように日々精進していきます。

#まだ中止と決まったわけではありませんが


=========================

NBAファイナル開幕と松坂引退 =========================


さて、そんな今日ですがスポーツに関するニュースを2つ取り上げてみます。


1つ目は、日本時間の今日午前中に、ついにNBAファイナルが始まりました。過密スケジュールの影響か、ほぼ全チームがケガ人続出の野戦状態の今年のプレイオフでしたが、勝ち抜いたのはフェニックス・サンズとミルウォーキー・バックスでした。


バックスはともかく、シーズン前にサンズがファイナルまで上がってくることを予想していた人は、ほとんどいないんじゃないでしょうか。優秀な若手と優秀なロールプレイヤーが揃っているチームでしたが、そこに歴代でも指折りのポイントガードであるクリス・ポールが加わったことで、チームとして完成しました。やっぱりポイントガードが優秀なチームは、ボールが良く動くので見ていて楽しいです。


第1戦の今日は、そんなサンズが勝利しました。バックスのエース、ヤニス・アデトクンボはケガ明けで、いつも通りのパフォーマンスが発揮できなかったのかもしれませんが(それでも十分怪物ですが)、彼が万全でもサンズは相当手強いチームですので、結果がどうなったかは分かりません。


第2は金曜日です。私の予想では、4-1か4-0でサンズが優勝すると睨んでいます。どうなることやら、引き続き注目していきます。


そして2つ目のニュースは、松坂大輔が引退を表明したことです。特にファンという訳ではありませんが、やっぱり時代を代表するようなスーパースターでしたので、そんな選手の引退は寂しいものがあります。


個人的には、スポーツ選手はもう余力が何も残らないくらいまで追い込んで追い込んで引退していく方がカッコいいと思っているのですが、松坂選手は正にそんな引退の仕方で心を打たれました。私自身が年を取った影響もあるのかもしれませんが、ボロボロになりながらも頑張る姿に夢を見させてもらいましたし、それでも届かないプロの世界に敬意を表します。


松坂選手で一番印象に残っているのは、ルーキーシーズンにイチローと対戦して3三振に仕留めたところです。まだまだ初々しい松坂選手から、『自信が確信に変わりました』という名言が生まれましたが、子供ながらにワクワクしたのを覚えています。


たくさんの興奮をありがとうございました。長い間、お疲れさまでした。


時代は無情にも、無常にも流れていきます。私自身もいつまでも若者ぶった顔をしていられません。時代に置いていかれないように、抗ってみようと思います。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka

特集記事
最新記事