初寄席

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日はお昼頃から、浅草演芸ホールに落語を聞きに行ってきました。というのも、来年の永代経で法要の前に、三遊亭右左喜(さんゆうていうさぎ)さんという落語家さんに来ていただき、仏教にまつわる落語をしていただこうと考えているからです。

台東区に住んでおきながら、恥ずかしながら初めて浅草演芸ホールに行きました。寄席というのを体験するのも初めてだと思います。12時の手品の山上兄弟から始まり、漫才、講談、コントなどの演目が15分刻みで行われていきます。とても楽しく進んでいき、13:45からお目当ての右左喜さんが登壇されました。本日は仏教にまつわる落語ではありませんでしたが、聞いていると『やはり話芸のプロだなぁ』と感心してしまいました。最近はお坊さんの法話など聞く機会も多く、みなさん上手だなと思いましたが、落語家さんはレベルが違いました。やっぱり話芸だけで飯を食べてる人ですね。

今日の落語を聞いて、今から永代経が楽しみになってきました!少し先の5/3ですが、今から告知させていただきました笑

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事