平成の大晦日

みなさん、こんにちは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

ゴールデンウィークも四日目となりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

会社勤務のころ、連休に入るといつも思っていましたが、同じ3日間でも通常の平日よりも早く感じていました。特に今回のように10連休ともなれば、始めの3日間なんてあっという間に感じた人も多いのではないのでしょうか?3日間という時間に変わりはないのに、本当に人間というのは、いい加減です笑

ゴールデンウィークといってもお寺はお休みではないのですが、周りの方々はお休みに入っています。書道教室申し込んだり、色々と仕事を進めたいこともあるのですが、みなさんお休みということで私自身も動けずにおります。ゴールデンウィーク明けに動く予定ですが、そう考えてる人も多いでしょうから、休みから一気に現実に戻る方は大変ですね笑

さて、朝からテレビなどで『本日は平成の大晦日』という見出しを多く拝見いたしました。確かに本日4月30日が、平成最後の日となります。新しい元号は『令和』であります、と発表されてから1か月、とても早く感じました。早く感じたということは、楽しみにしてたのかな?と自問自答しながらも、とうとう明日から令和となります。もしかしたら人生で最初で最後の元号変更の目撃となるかもしれないので、柄にもなくカウントダウンとかしてみようかと思っています笑

最近、気温差もあってか体調を崩される方を多くお見受けいたします。また元号が変わって気が抜けてしまう、ということもあるかと思いますが、皆様お体ご自愛くださいませ。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事