新しい命の誕生と、、


みなさんこんにちは。

副住職の中山龍之介です。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、法善寺はペット好きのお寺です。

代々犬を飼ってきておりまして、最近は3匹の犬(ダックスフンド♂12才、狆♀8才、チワワ♂1才)がいました。

そんな中、なんと狆♀8才とチワワ♂1才の間に子供が出来まして、先週新しい命が2つ産まれてきました。

しかし、家族一同喜んでいたのも束の間、2匹の赤ちゃんの内1匹が亡くなりました。詳細は差し控えさせていただきますが、生後1日余りで亡くなってしまいました。

たった1日とは言え、自分たちのペットの子供、そして私もこの手に抱きミルクをあげたこともあり、とても悲しい気持ちになりました。

命というのは掛け替えがなく、亡くなってしまうと帰ってこない、ということを改めてこの命に教えてもらった気がします。

人間や犬だけでなく、この世界にはありとあらゆる命が溢れています。生と死が繰り返され、私たちの命も多くの命によって支えられています。生と死を、善と悪のように捉えるときもありますが、本来そこに善と悪はありません。命をどのように捉えるか、それはその人次第です。

今回亡くなってしまった命も、数多ある命から見るとたったの一つです。しかし私を始めその周りにいる者にとっては、この死はとても悲しく、同時に様々な学びをくれました。

人間も、周りの方々が亡くなるととても寂しく悲しくなりますが、そこから何かを得ることができるのもその周りの方々だけです。

これから亡くなった犬の火葬と納骨に行ってきます。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事