連日の水害

7/3のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


ギックリ腰も4日目となり、かなり良くなってきました。左股関節の凝りがまだまだ残っていますが、歩いたり階段の上り下りは出来ていますので、ひとまず日常生活は送れるところまで来ました。ただまだ、子供(特に上の子)を抱っこしたり、すっと立ち上がったりするのには不安を覚えています。明日には完治しているでしょう。

#毎日言ってる気がするけど


そんなギックリ腰に落ち込む私を励ますように、大谷選手が連日活躍しています。オールスターにも選ばれ(しかもファン投票)、今日も2打席連続ホームランでホームランランキングを独走、最終回にはサヨナラのホームを踏んで試合を締めくくっていました。


手を抜かずに全力で楽しそうにプレーする姿は、自然と人を惹きつけます。大谷選手のそういった活躍を見ると、漫画『メジャー』の茂野吾郎を彷彿とさせます。比較対象が過去のレジェンドやら漫画のキャラというのが、何より大谷選手のスケールの大きさを表しているような気がします。


一ファンとして引き続きの活躍を見たいので、どうぞ怪我には気を付けて頑張ってください。


==========

連日の水害

==========


さて、連日の大雨の影響から、各地での被害が報道されています。ざっと挙げてみるだけでも、神奈川県平塚市での住宅地冠水、神奈川県逗子インターチェンジ近くでの土砂崩れ、静岡県熱海市での土石流などがあります。太平洋側を中心に、他にも被害が出ているそうです。心肺停止の方もおられるようで、大変に厳しい状況です。


携帯電話にカメラが内蔵されて誰もがカメラマンになれる時代になり、そして日本の亜熱帯化などに伴い、毎年夏になると豪雨での被害を目にする機会が増えてしまいました。東京にいると、被害を直接感じにくいというのが正直なところですが、やっぱり同じ日本に住む身としては知らぬ存ぜぬで過ごしていくことは出来ません。


本当に微力だとは思いますが、法善寺としても何か出来ることをさせて頂こうと思い、ここ数年はお盆時期のお線香・樒(しきみ)の代金を、こういった被害からの復興のために寄付させて頂いています。お代金を入れていただく箱の前に貼り紙を出しておくと、代金以上にお金を納められる方もいらっしゃり、人の中にある慈悲の心を感じ取ることが出来ます。有難い限りです。


人の一生において特に何もなかった1年間が無いように、日本にとっても毎年何らかの自然災害に見舞われています。この寄付は、最初は『今年は豪雨の被害がひどかったからやってみよう』という想いだったと思いますが、毎年何らかの自然災害が発生していますので、その気持ちのまま毎年続けています。


正直言うと、こんなことをブログで公言するのも変な話なのかもしれませんが、『やらない善より、やる偽善』という言葉が好きですので、書かせていただきました。


ちなみに昨年は、熊本県・鹿児島県の水害被害からの復興のためにボランティアしている方々に向けて、支援物資を届けさせていただきました。作業着、作業用マスク、ヘルメット、シャベル、ゴーグル、ミネラルウォーター、スポーツドリンク等々、多岐にわたる物資を届けさせて頂きました。


今年はどういう支援方法になるか分かりませんが、とりあえず『支援します』ということだけ掲げて走り出してみます。法善寺の門徒さんにおかれましては、線香・樒代が支援に回される旨ご承知いただけると幸いです。また、少しでもご協力いただけると幸甚でございます。何卒よろしくお願いいたします。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka

特集記事
最新記事