足りないスキル

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

昨日の練習会に引き続き、今日は書道の自主練をしました。やっぱりなかなか上手く行かず、後味悪く切り上げることになりました笑

展示会の作品に使う筆は、普段よりも毛が長い筆を指定されています。毛が長い分柔らかく、含んだ墨汁がどんどんと出てきてしまいます。慣れれば太い・細いが出しやすいんでしょうが、扱いがとても難しいです。書きすすめると毛が絡んで筆が閉じてしまうため、太い線が書きにくくなります。墨汁の量が少なくなると尚更です。毛が絡まないように筆を上手く返しながら書かなければいけないのですが、上手く行きません。先生が書いてるのを見ると、その筆で見事なリズムで書いています。本当にすごいです。

とはいえ、まだ始まったばかりです!頭を使いながら、量もこなす練習で何とかモノにしたいと思います。

書道をしながら、自分にどんなスキルが足りないか考えました。

書道、声明、仏教の知識、浄土真宗の知識、法話、、、逆に何が出来るのかよく分かりませんが笑、良いお坊さんになるためにどれも逃げられないスキルです。これがお坊さんでなければ、できない事はアウトソースを使って別の人にやってもらう、なんて事も出来るんでしょうが。。。笑

苦手なことでも一つ一つ、頑張っていきます!

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事