諸行無常を感じる日

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日は午前中に年回忌の法事がありました。その後、知り合いのご住職が亡くなったというご連絡を昨日頂いておりましたので、お線香を上げに八王子へ。

横たわっているお顔を拝見して、その若さにとても驚きました。学年的には父の2つ上だそうですが、亡くなった年齢は1つ上の63歳。私の母方の祖父も確か63歳で亡くなっています。私はその時3歳でしたので、正直ほとんど記憶がありません。

自分にも子供ができて、その子供から見たお祖父ちゃんは私の父と妻の父になります。正直二人ともあまり自分の健康に気を使っているように見えないので笑、『この子の記憶に残るように長生きしてね』と孫をダシに使って健康を促そうかなと思いました。

ということで、改めて諸行無常を感じた日となりました。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事