top of page

親鸞聖人の足跡を巡る旅を振り返る②

こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は月に一度の、独立寺院連絡会の声明講習会がありました。普段自分ひとりでお勤めをしていると、何となくで済ませてしまっていたり、ヘンな癖がついてしまっていたりするところを、声明講習会ではきちんと勉強することが出来ます。とても助かる勉強会です。


また今日は12月15日という事で、父が亡くなってから2ヶ月が経ったことになります。短いような長かったような2ヶ月でした。やっぱり未だに受け入れ切れていない部分がありますが、こればっかりは時間が解決してくれるものだと思っています。お寺のことも不安だらけですが、やるしかありません。引き続き頑張っていきます。


==============================

親鸞聖人の足跡を巡る旅を振り返る②

==============================


さて昨日から引き続き、2年前の年末に行った『親鸞聖人の足跡を辿る旅』を改めて振り返っていきます。


昨日も書きましたが念のため、、、


今回のシリーズはあくまで『振り返り』ですので、いま旅に出ているわけではありません。私は東京にいます。また、実際に私が訪れた順番ではなくて、まとめるために関連性から順番を決めています。ご容赦ください。

親鸞聖人が歩んだとされるルートを図式化したものがこちらです。(ざっくりとなってしまい恐縮ですが)京都でお生まれになり、流罪で越後に流され、関東に向かい、そして京都に戻られて御遷化、というのが親鸞聖人の歩まれた道です。今日はここから、得度と修行時代に関するお寺をご紹介いたします。


では、レッツラゴー!

#ラって何


『青蓮院』(京都市東山区)

~親鸞聖人お得度の地~

↑入口

↑正門

↑中庭

↑中庭

植髪堂(現在もこの場所でお得度をされるそうです)

↑親鸞聖人童形像

↑聖人植樹の楠


京都市東山区粟田口三条坊町69-1 にある、天台宗の門跡寺院です。親鸞聖人が出家得度された場所として顕彰されています。しかし、親鸞聖人が実際に修家得度されたのは現在の青蓮院から程近い三条白川坊(東山区三条白川橋付近) だそうです。そこが鎌倉時代の末の元弘年間(1331 ~ 34) に火災で焼失した為に、それまで十楽院という里坊だった現在の境内地に本坊を移し、以来ここが青蓮院と呼ばれるようになったそうです。


実際拝見した感想としては、中庭(写真3・4枚目) がとても綺麗なのが印象的でした。特に紅葉の季節には、たくさんの方が観光に訪れるようです。門前には親鸞聖人が植えたとされる楠(写真7枚目) がありました。インド・ブッダガヤの菩提樹を彷彿とさせるような、とても迫力のある樹でした。



『比叡山延暦寺』(滋賀県大津市)

~親鸞聖人修業の地~