top of page

見識を広げる

7/22のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


実は今週は、税金関係でバタバタとしておりました。前期の住民税および源泉税の特別徴収分の納付をすっかり失念しており、何とか本日どちらも無事に終えることが出来ました。本当にいつも周りの方々に助けてもらってばかりで申し訳ないです。本当にありがとうございます。


税務委員の仕事を引き継いで約1年となりました。今回の前期分納付をもって1サイクルを経験したということになるのでしょうか。次は年末、またあの作業がやってくるのかと思うと冷や汗が出てきますが、iDeCoやってるので年末調整で税金が返ってくるのを楽しみにしながら乗り越えたいと思います。


==========

見識を広げる

==========


最近は週三回のペースで接骨院に通っています。仕事柄、胡座や正座の時間が長く、体質上、身体が硬いので、骨盤あたりがガチガチになってしまっています。その結果腰が痛くなったり、肩甲骨に痺れが出たりしているので、色々とケアしてもらっています。


ただ、今日の話題はそちらではなく。


行き帰りは自転車でのんびりと移動していることが多いのですが、決まったようなルートを動いていても、まだまだ知らない店がいっぱいあるな、と驚きます。こんなところに天ぷら屋があるのか、とか、こんなところにバー出来たのか、とか、まあ色々です。しかも結構美味しそうな店も多く、今度行ってみよかしらと思ったりします。


ただ、いざ何かしらのタイミングで、ご飯食べに行こうかとなると、大体決まった店しか頭に浮かんできません。うちら家族だけならあそこかな、とか、10人くらいならあそこかな、とか、そんな感じです。その決まった店に当日連絡してみて入れなかった時には、『え、じゃあどうすればいいの』とあたふたしたりしますが、冷静に考えればお店は沢山あります。自分の見識が狭すぎるだけです。


こういうことってお店選びだけじゃ無く、社会全体様々なところで起きていることです。特にこの島国日本では割と似通った見識の人たちで構成されていますので、どうしても偏りがちです。偏っていながらも、みんなが偏っているからそれに気が付かない、みたいなところもあります。


そういった見識を広げるという意味では、海外で生活できたことや、一般企業で働けたことは本当に良い経験をさせていただけたと思います。日本だけで暮らしていては見えなかったこと、お寺でしか生きてきていなかったら見えなかったことは沢山あります。また、子育てを経験すると、親の気持ちが分かってきます。今その辺りは特に勉強中というところでしょうか。


個人的には、見識が広がると知識の切り口が増えるので、その分会話できる人や理解できる話が増えると感じています。お檀家さんと話をしていても、仕事という切り口、アメリカという切り口、スポーツという切り口、といった様々な切り口から共通項を探し出すことができます。余談ですが、地味に役立っている切り口は、雪谷高校出身という切り口です。遠かったけど通ってよかったと思っています。


そしてこれからも、この見識を広げることにもっと時間とコストをかけないといけないはずです。ここから死ぬまで、生活圏も仕事もおそらく変わらないはずですので、より一層そこは意識しないといけないことかなと思います。


今日もブログをお読みいただきありがとうございました。名前も知らない雪谷高校野球部の先輩方、高一の時に甲子園行ってくれてありがとうございました。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page