行事が立て込みそう

10/4のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


相変わらず暑い日が続いておりますが、明日からは少し涼しくなるそうで、今日で短パンも着納めです。大変お世話になりました。


今月は出張も多くなりそうで、各地によって気温が変わったりします。ただでさえ気温変化が激しそうなので、引き続き風邪を引かないように気を付けていきます。まずはできることから、とサプリやらグルタミン酸やらを摂取しています。どれだけ効果があるのかは未知数ですが、病は気から、頑張ります。


================

行事が立て込みそう

================


10月15日、来週の土曜日が父の三回忌にあたります。じわじわと準備を進めていて、後席のお食事の調整やら何やらをしております。法善寺として後席がある法事は、それこそ父の葬儀以来ですので2年ぶりとなります。もちろん感染対策には気を使いつつになりますが、開催できること自体を喜びたいと思います。やっぱりお食事までしないと、何だか気が収まりませんので。


そしてその翌週にはバスツアーが待ち構えています。お陰様で申し込み状況は好評で、もともとはバス1台で行こうと思っていたのですが、2台に変更となりました。今の人数でも、ギリギリ定員いっぱいで乗れそうではありましたが、こういう時期なので少し空間に余裕を持ちたい、という理由からです。ありがたい限りです。


更にうれしいことに、今回のバスツアーは、これまで参加してくださらなかった方が多くいらしています。要因を探るに、①コロナ禍においてどこかに出掛けたい熱が高まっている、②ツアー内容が面白そう、というところでしょうか。②に関しては来年も努力するとして、①は来年も同じ状況かどうかは分かりません。今回のツアーをきちんと楽しんでいただいて、来年につなげていきたいと思います。


そんなバスツアーが終われば、11月3日に報恩講があります。浄土真宗のお寺としては最も大きい年間行事です。今年は私が法話を務める予定ですので、多くの人に来ていただきたいです。と同時に、優しい目で見守って下さると嬉しいです。


報恩講の2日後には、帰敬式を実施する予定です。秋のお彼岸などで、事前のお問い合わせを何件か頂いておりましたが、コロナ禍も終わりに向かいつつある昨今で、帰敬式を受式することで新たに前を向いていきたい、ということなのかもしれません。動機は様々かと思いますが、全力で司式させていただきます。


何だかぽろぽろと今後の行事予定を書いてしまいました。11月分につきましては、改めて郵送でもご案内をお送りしますので、そちらで詳細をご確認いただけると幸いです。一人でも多くの方に、仏教が心に宿った生活を送っていただけるよう努めてまいります。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。お体ご自愛ください。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。