top of page

胃が張ったので病院へ

4/7のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


昨日に比べて暖かい日でした。午前中には、電車に乗ってサンワカンパニーという水回り設備のショールームに行ってきました。久しぶりに外苑前まで行きましたが、都会過ぎてビックリしました。完全にお上りさん状態でしたが、何とか辿り着き、終わった後におしゃれなランチを頂きました。


別に長居はしていませんが、やっぱりあういう街にいると、感性が磨かれる感じがして、こういう感覚って大事だよなーと改めて思います。昨日の続きじゃないですが、海外旅行して自分自身に刺激を与えていきたいなと思う今日この頃です。


==================

胃が張ったので病院へ ==================


そんな午前中でしたが、午後になると頭が痛くなってしまったので予定していた書道はお休みしました。それと数日前からずっと胃が張っていたので、念のため病院に行ってきました。


『ずっと胃が張る』でググってみると、『胃がん』というワードが出てきたので結構ビビりましたが、結論から言えば大したこと無さそうです。先週の土曜日、疲れていて体が弱っていたところにドカ食いをしてしまったので(タコス7個)、胃が張っているだろうとのことでした。漢方貰ったので数日は大人しい食生活を心がけて生きていきます。


病院に行く前は、変な情報のせいでビビっていましたし、頭痛もしていたので気持ちも落ち込んでいました。また、ちょうど2年前のこの時期に父は体調を崩し、大したことないと思っていたら白血病だった、ということもあったので、『自分もそうなんじゃないだろうか。。。』というマイナス思考マックスの状態でした。行きのタクシーからの景色もうろ覚えになるほどです。


そんな中、今日もコロナの時にもお世話になった先生のところに行きました。話しやすい方なので、病状だけでなく自分の不安も正直に話しましたが、『2、3日胃が張っただけでそこまで心配する必要はない』『白血病は遺伝しない』と仰っていただき、救われた気持ちです。病院から帰り少し経ったら頭痛も無くなりましたし(ただの水分不足か)、胃の張りも薬をもらったので安心です。体調と精神はリンクしているんだなと改めて思い知らされました。


勝手な持論ですが、どの世界も一流の人は身体が強いものです。寝なくても平気な人、元々体力が有り余っている人などいますが、私の場合生まれ持ったものは恐らくあまり大したことありませんので、ちゃんとケアしながら生活していかないといけないなと、この年になって思います。


まずは胃の張りを抑えるべく、節度ある生活をしていきます。治ったら、ジム通いやランニングを再開して、基礎体力の向上に努めます。まだまだ元気でいなければいけませんので、元気でいられるように、体を大切にしながら生活していきます。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。皆様もご自愛ください。



南無阿弥陀仏

-------------------


Opmerkingen


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page