給付金の申請書届く

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

 

昨日で5月が終わり、今日から6月が始まりました。今月が終わればもう今年も折り返しです。はやいですね。。。

 

最近はだんだんと蒸し暑い日も増えてきました。衣替えの季節ですが、夏用の白衣なんかを着ても暑さには敵いません。特に私は汗っかきですので、なかなか辛い季節になってきました。マスクをしていると水分補給を忘れて脱水症状になりやすいみたいですので、こまめに水を飲んでタオルを手離さず、これから来る夏を乗り切ろうと思います。

 

================

『家庭通信』編集中

================

 

今日は久々にまとまった時間を取って、法善寺の会報誌『家庭通信』の編集を進めていました。たった4面ですが、各トピックの配置割り、文字校正、間切りのデザイン、などなどをすると結構大変な作業です。

 

トピックの数だけそのタイトルのデザインをしなければいけませんので、時間がかかります。ただ、『この上のタイトルは青だったから、こっちは緑にしようかな』とか考えながら進められるのは楽しいです。イメージが具現化していく過程というのは、何でも面白いのかもしれません。

 

校了は今週末の予定です。6/14までには門徒さんのご家庭にお届け出来るように動いております。しばしお待ちを。

 

================

給付金の申請書届く

================

 

そういえば本日、給付金の申請書が届きました。国からもらえる、一人10万円のあれです。

 

うちは、私と妻と息子の3人なので30万円もらえるみたいです。橋下徹さんなんかは子供が7人いるので90万円もらえるとニュースになっていましたね。一人10万円という金額は結構大きなものです。

 

確かこの給付金は、経済を回すために給付されるものなので、貯金はそこそこにして使わせていただこうと思っています。県をまたいだ移動の規制が緩和されたら、アウトレットにでも行って買い物します。服を買ったり靴を買ったりします。楽しみです。

 

ちなみに、ご存知かもしれませんが、給付金の申請は、申請書に名前を書いて、口座情報を記入して(児童手当をもらっていて同じ口座で良ければ記入不要)、本人確認書類のコピーを貼って、口座情報の確認書類のコピーを貼って(先に同じ)、郵送して、あとは振込を待つという形です。こんな時代なのに、とことんアナログな仕様だなーと思いながらも、速攻で仕上げて明日には提出します。速攻で振り込んでくれることを祈っています。


=====================

アポづいてきた最近の日々

=====================

 

明日明後日は、『宗教を知ろう』のパネラーになっていただけそうな方々にお会いしに行きます。楽しみなのと同時に、きちんと企画を説明しなきゃというプレッシャーも感じています。

 

パネラーの方々には、企画意図に賛同していただいた上で参加していただくようにしています。さらに言えば、『宗教を知ろう』に参加できてよかったな、と思っていただけるように配慮しているつもりです。パネラーの方々、観覧の方々、そしてもちろん法善寺がハッピーになるように頑張ります。

 

少し短めですが、本日はこの辺りで。

おやすみなさい。

 

 

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

年間行事のお知らせや、副住職の日記の更新などを​お知らせいたします。ご登録宜しくお願いします。

LINE
法善寺家紋

​浄土真宗東本願寺派

龍飛山法善寺

〒110-0015

東京都台東区東上野6-17-3(MAP)

最寄り駅:東京メトロ銀座線『稲荷町駅』 徒歩5分

       JR『上野駅』入谷口 徒歩7分

電話 :03-3844-7613

FAX  :03-3844-7942

メールinfo@houzenji.org

■お問合せはこちら

© 2020 法善寺 All Rights Reserved