税務委員のお仕事

11/29のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


そういえば、このブログで最後まで触れていませんでしたが、日本シリーズはヤクルトが制しました。史上まれにみるほど接戦ばかりが続いた日本シリーズ、最後も延長12回までもつれる最高の試合でした。ヤクルトとしては20年ぶりの日本一、年長や主力の選手が涙する姿に心打たれました。おめでとうございます。


また、こちらもきちんと触れておりませんでしたが、昨日は親鸞聖人の御命日でした。本山である浅草の東本願寺では、5日間に渡り御正忌報恩講が厳修されていました。こんな近くにいながら出仕していなくて申し訳ないですが、家庭もお寺も落ち着くであろう来年には少しでも顔を出させていただければと思っています。


そんなこんなの土日が過ぎ去り、また新しい一週間が始まりました。


===============

税務委員のお仕事 ===============


さて、昨日は少し感情的なブログを書いてしまいましたので、今日はしっぽりと実務的なブログを書いていこうかと思います。


間もなく年末という事で、年末調整の季節がやってきました。法善寺は浅草仏教会の3部に属しておりまして、私はその部内で税務委員を務めさせていただいております。年末調整やら源泉やらに慣れていないうえに、右も左も分からない税務委員を務めておりますのでてんやわんやしております。つい昨日も、本来やっておくべき事が出来ておらず、ご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ない気持ちと、助けてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。


まずは、3部内の年末調整書類を集めるというのが直近のミッションとなります(ということが昨日分かりました)。年末調整に関する勉強も、自分なりには精一杯やっているつもりですが、呪文のように漢字が並び、●●控除やら何やらが色々あり過ぎてなかなか理解できません。しかも浅草仏教会の場合は全て紙ベースで進めなければいけません。ここに入れれば勝手に反映される、みたいなこともないので仕組みをがっつりと理解しなければいけません。


こんな私が税務委員で大丈夫なのか、と毎日思っていますが、私なんかよりも部内の他のお寺さん達の方が遥かに理解されているし慣れていますし、身近に会計士やっている姉もいますので、やっぱり助けて頂きながら進めて行ければと思っています。

#すみません


また、12月には住民税の支払いもあります。浅草仏教会3部は、特別徴収?なるものに指定?登録?されていて(全て曖昧ですみません)、今年の6月から11月の6ヶ月分を12月10日までに支払うことになっています。既に支払い用紙は手元にあったのですが、当該期間中に様々な事情で住民税が変わっている方もいらっしゃいますので、本日時点での正確な住民税額を台東区役所に電話で確認しました。やっぱり少し差額がありましたので、正しい金額を明日にでも払込してくる予定です。


ハッキリ言って大変ですし、何でこんなことをやらなければいけないんだという気持ちもありますが、税務の勉強になっているのも事実です。サラリーマンでずっといれば恐らく経験しないようなことのはずです。当然のことながらお金は湧いて出て来るようなものではなく、毎月出て行ってしまう税金や社会保険の額にビックリしています。少子化と貧困化が進めば、今後さらに高くなっていくのかと想像すると頭が飛んで行ってしまいそうです。


そんなこんなで政治にバリバリと関心を持つようになりましたが、18歳未満の子供を持つ親には、その子供の数の追加で選挙権を与えて欲しい、という危ない思想に最近は取りつかれています。そんな考えは効いたこともありませんので実現することは無いと思いますが、ちゃんと未来(自分の子供たちの事)を考えられる人たちの意見がより取り入れられる未来になれば良いなーと思っています。


話が逸れましたが、まずは税務委員の務めを全うすべく、引き続き頑張ります。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。