浅草仏教会の集まり

こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


冒頭でまずはご報告を。

1月23日に予定しておりました、第2回『宗教を知ろう』ですが、緊急事態宣言を受けて再度延期することにいたしました。楽しみにしてくださってる方々には大変申し訳ございません。緊急事態宣言が解けて、世の中が落ち着きを見せたら改めて開催いたしますので、またよろしくお願いいたします。


正直言うと、パネリストの方々と私の4人でZoomをして、その模様を配信しようかとも考えたのですが、やっぱりZoomだと空気感や微妙なニュアンスが伝わり切らなかったりすることもありますので、このような決断となりました。テーマも『死生観』と『性差』というセンシティブなものですので、誤解を与えてしまっては元も子もありませんので、ご理解いただけると幸いです。


延期の延期となりますので、次こそは延期しないように確実な日程で進めてまいります。引き続きご注目頂けると嬉しいです。



================

浅草仏教会の集まり

================


さてそんな今日ですが、夕方から浅草仏教会の集まりがありました。台東区は元々、『浅草区』と『下谷区』に分かれていたそうですが、その浅草区に所属している寺院の集まりが『浅草仏教会』、下谷区に所属しているのが『下谷仏教会』となります。


法善寺はギリギリ浅草区に入っていたそうなので浅草仏教会に所属しているわけですが、今日は各寺院で持ち回りとなる役割決めをするための集まりでした。ちなみに3密を避け、もちろん全員マスク着用・手指消毒の感染症対策はバッチリしていました。


様々な役割がありますが、私は(恐らく一番大変であろう)税務委員をやることとなりました。このブログでも書いたことがありますが、恥ずかしながら税務関係は全然分からないことだらけでちゃんと勉強したいと思っていましたので、これは良い機会になりそうです。大変かもしれませんが、得るものもあるはずです。頑張って税務のことを頭に叩き込みます。


浅草仏教会も細かく区分けされていて、法善寺は3部に所属しています。近所のお寺さんばかりですので顔なじみではありますが、これまではこういった集まりも父が出ていましたので、私としては初めての参加です。周りを見ると父の世代の方々ばかりで、圧倒的な年下感です。周りの人は『○○さん』とか『●●寺さん』と呼ばれている中、普通に『龍ちゃん』と呼ばれます。ただ、別に全然嫌ではなくて、皆さん可愛がってくれるので、有難い限りです。若い内から色々なことが経験できるので、こういう時期に学べることは学んでしまおうと思っています。

#嘘偽りの無い本音です


ちなみに任期は2年間とのことです。長いように思えますが、きっとあっという間に過ぎていくはずです。


そんな2年後ですが、私たちはどうなっているでしょうか。コロナの影響はいい加減無くなっているでしょうか。飲食店はかつての賑やかさを取り戻しているでしょうか。個人的に言えば、息子はペラペラ喋っているでしょうか。お寺の建て替えは工事中でしょうか。


特に大人になってからは、毎年毎年なんだかんだと色んなことが起こっています。『今年は特に何もなかったな』という年は存在しません。今ちょっと妄想しただけでも、次の2年間も色んなことが起こりそうです。ただ、想像できるものもあれば想像できないこともあるはずで、私の人生はどうなっていくんでしょうか。


こんな書き方をすると悲観的に思っていると捉えられそうですが、実際はそんなことはありません。確かに最近は世間的にも個人的にも、良いことがあまり無いので悲観的になりがちですが、これからは良いことだってたくさんあるはずです。人生を楽しみながら、受け入れながら、日々過ごしていければと思っています。頂いた命をありがたく、感謝する思いを抱きながら過ごしていきます。


まずは緊急事態宣言下を、力を合わせて乗り越えていきましょう。



南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事