気持ちを込める

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。


夜の九時過ぎまで、図書館で本願寺学院の後期レポートをまとめておりまして、今帰宅しました。


実はちょうど先ほど、落ち込む出来事が起きました。こちらが100%悪いので本当に申し訳なく、ある方には不快な思いをさせてしまいました。詳しく書くとこちらの言い訳になりますし、あっけらかんとしたことも書きたくないので、詳細には触れずに書き進めます。抽象的な表現となりますが、ご容赦ください。


常々、法善寺はお檀家さんと地域の人を大事にする、と言ってきました。『寺離れ』と世間では言われていますが、「それってお寺がちゃんと機能を果たしてないからじゃないの?」という仮説のもと、お寺本来の役割を見つめ直しながら頑張っているつもりです。


ただ今回のことは、そんなことを言っているくせに矛盾したことをしてしまいました。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


私は、仕事において『頑張ってやる』とか『気を付けてやる』みたいな抽象的な表現はあまり好きではありません。というのも、人は元来ミスをする生き物ですから、そんな生き物が『頑張った』り、『気を付けた』りしたところで必ずミスをします。だからミスをしないような土台作り、システム作りがそもそも大切だと思っています。


しかしそうは言いながらも、結局は『気持ち』が大事だったりします。出来上がった土台やシステムに乗っかったままですと、機械のような仕事になってしまいます。また、本当に気持ちがこもっていれば、細部にまで目を通し、システムとか関係なくミスを見抜けることもあります。


今回の失敗は偏に、配慮が足りなかった、ということに尽きると思います。相手に届くまでにいくつかチェックポイントがあったはずなのに、そこが機能していませんでした。そして、それはやっぱり『気持ち』です。


今後同じことが無いように、私自身気を引き締め直していきます。


応援され、愛されるお寺になれるよう、毎日努力を積み重ねていきます。



南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

年間行事のお知らせや、副住職の日記の更新などを​お知らせいたします。ご登録宜しくお願いします。

LINE
法善寺家紋

​浄土真宗東本願寺派

龍飛山法善寺

〒110-0015

東京都台東区東上野6-17-3(MAP)

最寄り駅:東京メトロ銀座線『稲荷町駅』 徒歩5分

       JR『上野駅』入谷口 徒歩7分

電話 :03-3844-7613

FAX  :03-3844-7942

メールinfo@houzenji.org

■お問合せはこちら

© 2020 法善寺 All Rights Reserved