top of page

気持ちの良い空が見える浅草通り

8/2のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


昨日妻と三人目の子供が帰ってきましたので、今日は出生届を提出しに区役所まで行ってきました。およそ2年半ぶりの作業ですが、滅多にあることではありませんので初めてみたいなものです。誘導されるがまま、出生届、住民票の登録、児童手当の申請等々を済ませてきました。


これにていよいよ、社会的にも娘が誕生したことになりました。ちなみに台東区では第三子が生まれた家庭には『にぎやか家庭応援プラン』と称したキャンペーンを張っていて、こども商品券もしくは図書券を3万円分頂けます。こども商品券の方が汎用性が高いとのことで、我が家ではそちらを選びましたが、とにかく有難いことです。名前負けしないよう、にぎやかな家庭を目指します。


=======================

気持ちの良い空が見える浅草通り

=======================


先日も思いましたが、今日も浅草通りを通った時に、空が広くて気持ちが良いなぁと感じました。理由は明確で、電線が地面に埋まっていて、視界を妨げないからです。無電柱化というそうですが、今は都内の幾つもの場所でこういう取り組みがされています。最初は(確か)明治通りと浅草通りだけだったので、私はその恩恵を受けて随分前から広い空を楽しませていただいておりました。


こういった景観を気にするのは女性知事ならではの視点なのかもしれませんが、とても良い取り組みだなぁと実感を持って言うことが出来ます。観光客の方々からしても、スカイツリーや雷門などを綺麗に楽しめるので良いんじゃないでしょうか。空が広い、とただそれだけのことの様に感じますが、開放感による気持ちよさが全然違います。


コロナ前からの取り組みですが、調べてみると今でもじわじわと進めているそうで、累計で1000キロ以上の道路が無電柱化しているそうです。名のある大通りが特に優先されるんでしょうが、いつかは全ての電線を地中に埋めるのが目標みたいで小さな道路も対象にはなっているそうです。というか、道幅が狭いと特に電柱が邪魔なので逆に優先して無電柱化が進められるのかもしれません。法善寺前の道路にも電柱がありますが、いつかは無くなる日が来るかもしれません。


無電柱化にはいろいろな技術が使われていますし、補助金も降りるそうです。そうなると何らかの癒着とかが気になるのも事実ですが、そんなマイナス面を見ていたって前には進みません。何につけても潔白を求めすぎるのが日本人の悪いところだと思いつつ、こういったことにはガツンと動いて欲しいなと思います。


今後の日本は観光立国に向かっていくでしょう。東京都でさえ人口が減る様な状況です。こういった観光客に喜ばれる施策をたくさんしていって欲しいものです。そこに上手く便乗していきたいですが、どうなることやら。まずは建替えたい。


今日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。出来れば少し涼しくもして欲しいけど、自然には勝てませんね。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


Σχόλια


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page