top of page

楽しい楽しい年末調整

12/10のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は浅草仏教会3部の年末調整点検でした。朝から作業していたので気付かなかったのですが、家に帰った瞬間ドッと疲れが押し寄せてきて、ヘロヘロです。夜ご飯を食べて復活しましたが、それでもまだ頭がぽーっとしています。


慣れないことをするのは大変ですが、未知の世界だからこそ新しいことも学べるわけで、まだまだこういう感覚をもっと味わわないといけないなーと思いました。それこそ建替えたら未知のことをたくさん始めていく予定ですが、その度にこんなに打ちのめされていたらきりがありませんので、未知の世界に足を踏み入れる事にも慣れておかないといけませんね。


==================

楽しい楽しい年末調整 ==================


ということで、今日は浅草仏教会3部の年末調整点検でした。浅草仏教会は特殊な組織でして、各お寺の年末調整を部ごとに集めて、担当の税務委員(今年は私)含めた何人かで点検していきます。もちろん私はペーペーですが、ベテランの方々に囲まれながら、勉強しながら点検させていただきました。


今年から税務委員という事でいろいろ勉強して理解してきたつもりでしたが、他のお寺さんのを見ると、自分のお寺では発生していないケースなんかも散見出来て、まだまだ対応できませんでした。というか、自分のお寺分でもミスが発覚してしまい、逆に迷惑をかけてしまいました。まだまだマスターには程遠いみたいです。

#6年かかるそうです


朝の10時から始めて、結局17時くらいまでかかりました。お昼休憩もほぼ無く(出前のそばを5分で啜ったのみ)、ぶっ通しで作業したので、シンプルにめちゃくちゃ疲れました。付き合ってくださった税務に詳しいベテランの方々には本当に感謝です。


次のステップとしては、13日に他の部と書類をトレードして、点検し合う作業となるみたいです。その後はまだ良く分かりませんが、年末調整自体はその辺りで一段落して、年明けに年末調整で確定する税金の支払いがあります。まだまだ、作成した書類がどういうルートでどこに使われていくのかも分かりませんが、とりあえず今年の年末調整で一通りの流れを体験できれば、少しは理解することが出来そうです。


それにしても、税金は本当に複雑なシステムで組まれています。控除の種類なんかめちゃくちゃありますし、寡婦の人には優しくされていたり、扶養の多い人には控除がたくさん用意されていたり、はたまた累進課税なので高所得者は税金が高めに設定されていたり。少し前の携帯電話の料金体系なんか優しく感じるほどに複雑に入り組んでいます。


ただ、だからこそきちんと理解しないと損をしてしまう訳で、それが今回の年末調整を通して理解できた一番大きなことかもしれません。申告すべきことを申告せずに損をしたって、誰も助けてはくれません。来年こそはノーミスの、そしてきちんと損をしない年末調整を仕上げてやります。


まだまだ未熟ですが、段々と理解してくると、年末調整が楽しくなってきました。やっぱりそこは理数系の血なのでしょうか、帳尻が合うとめちゃくちゃスッキリするんですね。他のお寺さんで間違っているのがあったとしても、何でその数字に行き着いたのかを考えて、原因が分かると嬉しかったりします。ただそんなことばっかりやってると時間が過ぎていくだけなのでほどほどにしなければいけませんが。


まだまだ年末調整は続きますが、少しずつ前に進んでおります。引き続き左脳フル活用で頑張っていきます。



南無阿弥陀仏

-------------------


Kommentit


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page