本山の報恩講の出仕の練習

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日の本願寺学院は、来週に迫った東本願寺での報恩講に出仕するための練習をしてきました。1、2年生合同で、実際に東本願寺の本道を使っての練習です。教える先生は、はい、私の父です。笑

11/24の13:30からの逮夜法要に出仕するので、その時の実際の差定通りに練習です。ざっくり言うと、正信偈の真四句目下げ、八淘の念仏和讃という内容です。自坊では八淘という思い読み方はなかなかしません。難しい、というか声と喉がなかなか続きません。最後の方には咳き込んでしまいました。。。

ちなみに私は、学院で出仕が義務付けられている11/24の逮夜だけじゃなく、晨朝(7:00-)と日中(10:00-)にも出ますし、なんなら11/25-28までも毎日・毎回出仕する予定です。今から喉が心配です笑 ただなかなか出来ない経験ですし、やっぱりこういう経験しておかないと駄目だと思いますので、全力で頑張ろうと思います!

喉の潤い忘れずに!

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事