本堂のエアコンが壊れました

4/9のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今月から始まった、腕立て・腹筋・背筋・スクワットのサーキットトレーニング(1分x4種目x3セットの12分)、今日が2回目となりました。12分くらいなら自分に負けずに追い込めますが、それでも終わった後はくらくらします。休みなく駆け抜けるようにトレーニングするので完全に酸欠です。


トレーニング後は、出来るだけ酸素を取り込もうと変なあくびが止まらなくなりますし、止まるとなお苦しいので家中を右往左往するし、風呂に入っても手が上がらなくてシャンプーするのに苦労しました。終わった後のこういった後遺症を考えるとランニングの方が被害が少ない気もしますが、とりあえず4月は続けてみます。頑張ります。


=======================

本堂のエアコンが壊れました

=======================


さてさて、今年度始まってまだ間もないですが、実は法善寺でトラブルが発生してしまいました。

前のブログでもちらっと書いたかもしれませんが(記憶が曖昧でごめんなさい)、本堂のエアコンが壊れてしまいました。正確には、エアコンの中に使われている冷気や暖気を送るファンのモーターがショートして壊れてしまいました。20年以上使ってきたもので、修理することも出来ず、パーツが無いので故障個所だけ取り換えることも出来ず、エアコン自体を入れ替えないといけなくなってしまいました。えらいこっちゃです。


不幸中の幸いなのは、エアコンが特に必要のない時期に取り換えられるということでしょうか。ただ暑くなる前に修理しないと辛すぎるので、今月中には取り換える予定です。最近の日本は南国化してますので急ぎます。ちなみに通常の家庭用エアコンとは違い、天井が高くて広い本堂用のものなので、結構な馬力がいるエアコンにしなければいけません。


現在数社に見積もりを取っていますが、工事費など込々で、新しく買い替える車(フィット)くらいの値段がしてしまいそうです。ちなみにフィット自体も納車は来月なので、支払いは今年度になっています。年度始まって早々いきなりの大きな出費に頭を抱えています。なんてことでしょうか。。


実は2年前の夏にも壊れたことがありましたが、その時はファンとモーターを繋ぐベルトが切れてしまっただけなので、それを交換するだけで済み、費用も確か2万円しなかった気がします。写真はその時のものです。今回も、最初に壊れたときはどうせそれくらいで済むだろうと思っていましたが、その100倍かかることになりました。現実は時に世知辛いものです。

#100倍て


でもだからと言って、エアコンが壊れたことに文句は言えません。20年以上お疲れさまでしたありがとうございました、という気持ちです。特に夏場は大変助けられました。2年前の夏に壊れたときに有難さを痛感しました。あの時は扇風機の前に保冷剤とか置いて頑張っていましたが、どうにもなりませんでした。当時法事をされた方々には、本当に申し訳ありませんでした。


前向きに捉えれば、エアコンが新しくなるのでより良い空調になるかもしれません。馬力は同等の物を選ぶ予定ですが、古くなったものと新しいものでは同じ馬力でもパフォーマンスが違うんじゃないかと淡い期待をしています。掃除機だって、使い続ければ吸引力が落ちます。エアコンだって同じでしょう。

#ただの勘です


色々言いましたが、人間だって企業だってお寺だって、何もない一年なんかありません。何もかも予定通りの1年なんかあるわけありませんので、こういった不測の事態にも何となく準備をして進んでいかなければいけません。そして幸い法善寺は、これくらいではまだ傾くような状態にはありません。これも支えてくださっている皆様のおかげです。ありがとうございます。


また進捗ありましたらご報告いたします。よろしくお願いします。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。