書道の昇級

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

今日は金曜日でした。一般企業で働いていたときは『やったー、明日から休みだー!』となっていましたが、お寺だとむしろ土日の方が本番といった感じです。明日もお寺では法事が入ってはおりますが、久々に妻と二人で家で晩酌をした、そんな金曜日の夜でございました笑

ということで、少し酔っ払いながら書いております。もし誤字脱字などございましても、お手柔らかにお願いいたします笑

さてさて、本日も書道に行ってきまして、1月分の課題提出をしてきました。言い訳にはなりませんがバタバタとしておりましたので、あまり書道に費やす時間が無く、少し投げやりな形で提出してしまいました。時間のマネジメントもそうですが、書道しやすい環境づくりも、いい加減どうにかしないといけないな、と考えております。せっかく習っているので、120%活かせるようにしていきたいです。

ただただ、おかげさまで書道のクラスが少しずつ上がってきました。私が通っているところでは、段位ではなく、一番下が『人』、その次が『地』、その次が『天』、、、というふうなクラス分けになっています。『人』のクラスで2ヶ月連続で上位に入ると『地』に、『地』のクラスで2ヶ月連続で上位に入ると『天』に、という流れです。そんな中で科目によっては『地』に入ることが出来てきました。その事を先生と話をしていると『おめでとうございます。ただここから、長く地を這う人が少なくないのでこれからも頑張ってください。』と言われました笑 それは冗談かと思いきや、確かに『天』の人の字を見るととてつもなく上手いので、そこの壁は高いのだろうな、と思いました。

ちなみに写真が、今月提出した課題のうち、半紙の楷書・行書です。これはどちらも、『地』のクラスに上がることができました!

まだまだ次のクラス目指して、頑張っていきます!

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事