明日は鏡開き

1/14のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は本当に久々に、前職の方々とお会いすることができました。離れてから間も無く四年が経とうとしていて、時が流れる速度に改めて驚愕しています。


お互いの近況報告やら、色々と話をさせていただきました。とても楽しい反面、あーもうそっちには戻れないんだなという寂しさも少し感じました。家業を継いだ以上、これ以上の転職はないと思っていますので、ここからサラリーマンに戻ることはあり得ません。望んだからと言って今の私の立場を得られないという有り難さも重々承知しているつもりですが、無い物ねだりと言いますか、前職の時も良かったなーと感じます。


何はともあれ、皆さん元気そうで何よりでした。次は浅草でお会いしましょう。


===========

明日は鏡開き

===========


さて、そんな今日ですが珍しくアポイントがいくつか入っていました。その中でも、ひとつ興味深いものがありました。詳細をここで申し上げることはできませんが、お檀家さんのためになりそうな企画ですのでコツコツと動いて行きます。三月頭に発行する家庭通信では詳細をお伝えできると思いますので、少々お待ちください。

そして空いている時間で、税務委員に仕事を進めていました。今は、給与支払報告書の作成を進めておりますが、なかなかに苦戦しています。もっと分かりやすくできないものかねと思いつつ、従うしか無いので従って書いております。


給与支払報告書は、ざっくり言えば『給与はこれくらい支払われいて、控除がこれだけあるから、税金はこれくらいになりますよ。あと扶養親族はこれだけいますよ』という書類です。

#逆にわかりにくい


所得税にも、住民税にも関わってくる書類なので非常に大事なものなのは承知しておりますが、いかんせん書き方が本当にわかりにくいです。呪文のような言葉が並び、数字を見比べながら書き進めています。100%の自信がありながらやっているわけではないので何とも言えませんが、とりあえず進めております。まだ終わっていませんので、明日も時間見つけて取り組んでいきます。


そういえば、明日は鏡開きとなります。10日が鏡開きという説が濃厚ですが、法善寺はずっと15日に鏡開きしてきましたので、ご理解ください。


鏡開きも終わると、いよいよお正月気分も抜けてきます。掲示板に『賀正』と飾っていますが、いいかげん取り替えなければいけません。次は何にしようか、思案中です。


ということで、明日以降、さらに正月ボケを除去しながら頑張って参ります。建替え前最後の1月、悔いのないようにやって行きます。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。