明日から本山の報恩講に出仕します。

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

昨日、寝かしつけながらブログを書いたと言いましたが、ブログを書き終えた時には腕の中で寝ていた息子は、ベッドに移すとグズりだし、結局寝かしつけられませんでした笑 なんか、カッコつけてすみません。

さてさて、我らが本山である浅草の東本願寺では、今日から報恩講が始まりました。宗祖・親鸞聖人の祥月命日である11/28に向けて行われる、浄土真宗では最も大切な年間行事です。本日は私は自坊での法事が入っておりましたので出仕できませんでしたが、明日の朝からは出仕しようと思います。

お勤めは1日3回で、晨朝(じんぢょう)法要という朝のお勤めは朝7時から、日中法要は朝10時から、逮夜(たいや)法要は昼の1時半からというスケジュールです。報恩講中は、普段よりも重くて長いお勤めになります。正座の足がどうなるかに恐怖を感じておりますが、気合と小道具で乗り切りたいと思います。

ちなみに報恩講のお勤めは、上記の時間に本山の本堂にいらっしゃれば、どなたでもご覧いただけます。たくさんのお坊さんによるお勤めは迫力満点です。ぜひ皆さん、いらしてください。

※本山の報恩講出仕のため、自坊での朝のお勤めは12/2から再開いたします。ご了承ください。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事