新しいお寺像

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日、午前中にとある設計事務所さんにお寺まで来ていただき、庫裡の建て替えの話をさせていただきました。まだ、どこの設計事務所さんにお願いするかは決めていなくて、色々な会社の話を聞かせていただいている段階です。

今日の設計事務所さんとお話するうちに、まだ設計事務所にお願いする段階ではないんじゃないか、という話になりました。

私は、今後お寺が、今までのお寺がやってきたことだけをやっていても難しくなる時代が来ると思っています。少子高齢化、人口減少、核家族化などが要因ですが、お寺離れはどうやっても進むと思います。もちろんお檀家さんと繋がりを持ち続ける努力はしますが!

という環境の中、建て替えの時にはパワーアップした法善寺でいたいわけです。要は、今までのお寺ではしてこなかったことをしなければいけません。ここまでは以前もブログで書かせていただいたことがあると思います。

その新しいことを何にするのか、まだ決めかねている状況です。建て替えてから考えるかなと思っていたのですが、今日の設計事務所さんからは、そこもちゃんと事業として練って、それから建て替えたほうが良いと言われました。ごもっともだな、と思い急に焦ってきました笑

お寺でやる新しいことを決める、これははっきり言って、とてもとても大きな決断になります。だからといって、お寺以外の誰かに決められるものではないですし、父(現住職)よりも、次の世代となる私が決めるべき事由だと思います。

今、色々なアイディアがありますが、まだまだ情報が足りません。もっともっと勉強して、情報を頭に入れて整理して、事業計画を建てなければいけません。

何だか大事になってきました笑 でも逃げるわけにはいかないなーと思います。幸いそこまで時間が迫ってきているわけではありませんので、思い残すことのないように粛々と進めていきたいと思います。

なにかいいアイディアがあれば、ぜひ教えて下さい笑 新しいお寺像、私自身はとても楽しみにしてます!

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事