成年年齢の引き下げ

3/21のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日はお彼岸のお中日でした。天気が良いこともあり、3連休では一番の人の出だったんじゃないでしょうか。私自身も接客室でたくさんの方々にご挨拶をさせて頂きました。お墓への動線沿いに接客室があるお寺って実は少なくて、法善寺の一つの特徴かなと思っています。もちろん建替え後もこの特徴は踏襲していきます。


お彼岸もいよいよ後半戦です。後半は法務もあったりで出たり入ったりになりますが、引き続き積極的に接客室でご挨拶をさせていただこうと思っています。お越しになられた際には、是非お立ち寄りください。


===============

成年年齢の引き下げ

===============


昨日発行されていた台東区の会報誌『たいとう』に、成年年齢が引き下げられることが書いてありました。ニュースで少し聞いたことがありましたが、自分に直接関係のない話だと思っていたので、この話題はスルーしていましたが、読んでみると興味深かったです。


相変わらず20歳からでしか出来ないこともあるので、最初は『18歳から大人としての心持ちでいるように』という精神論的な話なのかと思っていましたが、選挙権を除いても主に以下のことが18歳からでも出来るようになるみたいです。


•契約(保護者の許可がいらなくなる)

•10年有効のパスポート取得

•結婚(男女共に18歳からになる)

•性同一性障害者の変更審判の申請

•国家資格の取得(公認会計士、医師免許など)


個人的に特に興味深かったのは、保護者の許可なしで契約ができるようになる、ということです。18歳で成人、つまりは立派な大人ということですから、保護者の許可なんかいらないよね、ということなんでしょうか。ローンを組んだり家を借りたりできるようになるみたいです。


極論、高三で勝手にアパートを借りられたりするので少し怖いなと思う反面、若い内から自分の判断で出来ることが増えるのは良いことのようにも思います。親としては18歳の子供にクレジットカードを持たせるのが怖いなとも思いますが、何でもそうでしょうがモノは使いようです。この引き下げが良い働きとなることを願っています。


ちなみに相変わらず、


•飲酒

•喫煙

•公営ギャンブル

•大型、中型自動車免許の取得


は20歳からみたいです。ただの私の勉強不足ですが、パチンコは18歳から出来るのに、公営ギャンブルは20歳からというのが意外でした。だからパチンコの方が借金してでものめり込んでいくイメージが強いのかもしれません。

#独断と偏見によります


ちなみに私が18歳の年にアメリカ留学が始まり、大きな環境の変化がありました。心も体も全然余裕がなく過ごしていたので、そんな年齢が成年になるのかと思うと、今の子達はすごいなと思います。この権利を是非良い方に使っていってほしいものです。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。成人式は『20歳の集い』になるそうです。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。