息子の不機嫌に切れた日

5/25のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日も良い天気でした。つい1週間くらい前?までは雨が続き、このまま梅雨入りか、なんて言われていた気もしますが、ここのところは気持ちの良い天気が続いています。雨の日がないとダメなのは分かっていますが、やっぱり快晴は気持ちが良いものです。それも、雨の日があるから感じられるのかもしれませんが。


快晴のおかげで暑い日も続いていますが、あと1週間もすれば念願の衣替えです。それでも法衣は重ね着なのでTシャツ一枚に比べれば暑いですが、まあそれ以上脱ぐことはできませんので頑張るだけです。昨年入れ替えたクーラーに頑張ってもらいます。


==================

息子の不機嫌に切れた日

==================


今日は息子が保育園お休みしていたので、家やお寺や外出先で1日面倒を見ていました。普段なら大きな問題はないのですが今日はなぜかほぼ終日機嫌が悪く、何をやっても『いやだ』『〇〇したくない』という返事ばかり。ビービー泣き喚き、あまりにもこちらの思った通りに動いてくれないため、何回ため息をついたかも忘れるくらい、こちらも精神的に参ってしまいました。


まだまだ子供なので、自分の状況を上手く伝えられなかったり、そもそも自分が何をしたいのかを分かっていなかったり、はたまた何にでも嫌々言っているだけだったり。それはこちらも理解しているつもりでも、いざ目の前でその稚拙さとわがままっぷりを長時間にもわたって見せつけられるとキツいものです。感情が頭について来ません。


外出先は、妻と私がそれぞれ、きっと息子が喜んでくれるだろうと思って連れて行った場所でしたが(私の提案は私の趣味絡みでしたが)、どちらも全くハマらず。外に連れて行くだけ損な気がしてしまい、正直もうどこにも連れて行ってあげたくなくなるぐらいの気持ちです。もちろんそんなことはせず、またどこかに連れて行くとは思いますが、今日は少し心が折れました。


人間は感情の生き物だと言われます。他の動物に比べて知能が発達し、理性で考えているふりをしていても、所詮は感情がリードしているということが、今日の出来事からも改めて知ることができました。そりゃ煩悩を捨てきれないわけです。


ちなみに息子の機嫌は夕食まで悪かったですが、食後にスーパー銭湯に連れて行ったら直りました。銭湯好きという江戸っ子気質があるみたいです。その後は寝かしつけまで良い子にしてくれましたので、まつり湯に助けられました。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。世のお父さんお母さん、頑張っていきましょう。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。