建て替えは段々と細かい話に

7/21のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は午前中に久々のジムに行ってきました。6月末にギックリ腰をしてから、約3週間振りのジムでしたのでビビりながらとはなりましたが、やっぱり運動は楽しすぎました。イヤホンして音楽を聞きながらベンチプレスをしていたのですが、それだけでニヤニヤしてしまうくらい楽しかったです。

#マスクで顔が隠れていて良かった


基本的に重いウェイトは扱わず、ベンプレも20kgのバーベルだけをひたすら上げ下げしていました。下半身は自重のみでしたが、筋力が弱まったのか、太ったのか、それでも十分な負荷が掛けられました。

#恐らくその両方


お陰様で怪我をすることなく、ギックリ明けの最初の筋トレを乗り越えていきました。どうしても負荷を強くしたくなる気持ちを抑えるのが意外に大変だなと思いましたが、しばらくはこの程度の負荷を続けていきます。体が運動に慣れてきてから(2ヶ月くらい?)、徐々に負荷を強めていきます。ワクチン明けくらいには、バスケ復帰したいものです。


バスケと言えば、NBAのファイナル第6戦が行われ、ミルウォーキー・バックスがフェニックス・サンズを破り50年ぶりの優勝を果たしました。個人的にはサンズを応援していたので少し残念な気持ちもありますが、バックスが思っていたよりも素晴らしいチームでしたので、この結果にも納得です。特にMVPを獲得したヤニス・アデトクンポは、モンスター級の活躍でした。おめでとうございます。


NBAファイナルが終わって楽しみが一つ減ってしまいましたので、これからは大谷翔平とオリンピックに寄りかかっていきます。


=====================

設計事務所さんとの打合せ =====================


さて前置きが長くなりましたが、そんな今日は午後に、建て替えのお話をしに設計事務所さんの会社にお邪魔してきました。


6月で基本設計(間取り決め)が終わっていて、7月からは実施設計に入ります。設計事務所さんの方で、これまでの手書きの図面をCADに移行していってるみたいなのですが、今日は外装や内装の素材について色々な話を伺いました。いよいよ細かい話になってきたな、という感じです。


屋根にはこういう素材を、とか、外壁はこういう素材をここに、とか、様々な提案をしていただきました。信頼してお願いしているので基本的には言われた通りにやっていきたいとは思っていますが、あとはお値段やら何やらとも相談です。また、あまりにも自分たちの頭の外に飛び出したようなことはしたくないので、一応こちらとしても完成図を想像しながら聞いていました。概ね良い感じでしたので、完成がより楽しみになりました。


例えば木材と一言で言っても、様々な種類があります。現代では加工の技術も進化しているみたいで、火に当たっても燃えない木材や、雨にぬれても腐らない木材なんかもあるみたいです。素材自体はコンクリなどで上っ面だけ木みたいな装飾も出来るみたいなんですが、私も設計士さんもそれはあまり好きではありませんので、きちんと本物の木材を使っていきます。残念ながら、燃えなくて腐らないというどちらも兼ね備えた木材は無いそうですので、場所によって使い分けていきます。


また細かいところで言えば、インターホンや鍵のパンフレットも見せていただきました。鍵のパンフレットなんか人生で初めて見ましたが、意外と種類が多くてびっくりしました。三世帯+お寺という特異な建物になりますので、誰にとっても使いやすい機能を選ばなければいけません。インターホンなんかは、私たちがお寺のスペースにいる時もあれば、家のスペースにいる時もありますので、自分たちの行動パターンや、お寺で実際に働く姿を想像しながら決めていきます。


昨日のブログでも書きましたが、大変なことも多い建て替えですが、設計事務所さんとの打合せ後は何だかんだ前向きになれます。夢を語ってくれる設計士さんで良かったです。


それでは、明日より4連休です。オリンピックも本格的になってきます。もちろん応援しますが、まずは無事に終わることを祈っています。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka

特集記事
最新記事