top of page

年末調整一区切り

12/14のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は最高気温が割と高めの予報だったので、ロンTの上に厚手のパーカー1枚で外に繰り出したのですが、全然寒くて驚きました。風が強いし、乾いているし、気温だけでは測れない寒さがそこにはあって、ついに冬が来たことを実感いたしました。


ただ、外にいなければいけない時間は少なかったので、そこまで体にダメージはありませんでしたし、いつものサプリをしっかり飲んだので、きっと大丈夫なはずです。それにしても、サプリなんて気のもんだとおもっていましたが、ここまでちゃんと聞くとは驚きです。引き続き頼っていきます。


=============

年末調整一区切り

=============


さて、今日は午後から、浅草仏教会の年末調整の点検がありました。既に部内での点検は終わっておりましたが、今日は他の部の方々も集合して、年末調整の書類を他の部と交換してチェックする、というものでした。部内点検で要領はつかんでいましたし、さすがに慣れてきたこともあって、焦ることもなく、大きな問題もなく、無事に終わりました。


多くの方の年末調整の書類を見ていると、保険料控除の申告のところで間違えている方が多い印象です。控除証明書が届いた時点での支払い金額を書いてしまったり(年末までの支払いを見込んだ総額で申告すべきところです)、計算式に当てはめずそのままの金額で書いてしまったり(〇〇円〜〇〇円は、1/2して10,000円足した額を申告すべき、みたいなのがあります)。


別に大した問題ではないですし、そういったものを点検するために税務委員がいるので、良いっちゃ良いんですが、ちゃんとフィードバックすれば消せる問題でもあります。年末調整の構造を理解されておらず、毎年この時期になると何となく書類を書いて、なんとなくお金が戻ってくる、みたいな感覚だと、勿体無いことも多々出てきます。


今後の宗教法人は、厳しい現実が待っていると思っています。お金に対して強い法人じゃないと生き残れない世界線がやってくるはずで、お寺業界みんなで乗り越えるためにも、せめて自分の部内だけでもそういった情報は共有したいな、と思いました。もちろん法善寺自身も安泰ではありませんので、ちゃんとアンテナ張って勉強していきます。それが結局は、お檀家さんへの利益にも繋がっていくはずですので。


今日もブログをお読みいただきありがとうございます。ちなみに税務委員の任期は2年でしたが、延長することとなりました。引き続き努めます。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page