top of page

年明けに向かって

12/18のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


寒い日が続き、子供も一緒に生活していると、なかなか体調が芳しくない日が続いています。思いっきり寝たいけど、子供に起こされるからなかなか寝れず、結局体調が復活しきらない、という循環です。こういう時こそ健康の大切さが身に染みてきますし、何でもないようなことが幸せだったんだなと思います。

#ロード


とは言っても仕事に支障をきたす程ではありませんので、スローペースではありますが周りの助け(と少しの根性)で何とかしています。また、ビタミンを摂取せねばと息子と一緒にみかんを食べまくっています(今日だけで4個ずつ食べました)。ビタミンパワーで明日には元気になっていると良いのですが。


==============

年明けに向かって ==============


もう12月も後半に入り、至る所から年末感が漂ってきました。寒くなってきたのもそうですが、今日も年内最後のお墓参りにいらしている方がちらほらいらっしゃいました。


法善寺でも、母がお正月の準備をしていました。初詣に当たる修正会(しゅうしょうえ)を元日の午前11時から行うのですが、そこにお参りにいらした方々には毎年ぐい呑みをお渡ししています。ということで、今日はそのぐい呑みを包装していました。なんだかんだ、私よりもお寺歴は圧倒的に長いわけで、年間行事の流れみたいなものが母には染みついているみたいです。私はまだ、お正月に向けては全然動けていません。


平年の修正会は、勤行の後にはお座敷に移動して、お汁粉を振舞ったり、乾きものと日本酒(熱燗)を振舞ったりしています。新年からお檀家さんとお話できる有難い席だったのですが、今年の1月はコロナの影響を鑑みて、お持ち帰りの粉末お汁粉をお渡しするだけになっていました。


来年はどうしようかと悩んだのですが、出来る限り平年と同じように、後席もご用意する予定です。やっぱり、勤行が終わって、お土産だけ持って帰って頂き終わり、というのは味気なくて、折角来ていただいたのでお話をさせて頂きたいと思っています。もちろんソーシャルディスタンスや換気など、感染対策には十分に気を付けて対応させていただきます。


また、少し先になるかもしれませんが、2月にパネルディスカッション『宗教を知ろう』の第二回を開催させて頂こうと思っています。昨年の9月に予定しておりましたが、私の父のことがありましたので一旦中止に。改めて年が明けた今年の1月に開催しようと思っていたのですがコロナで中止に。紆余曲折ありましたが、今度こそ開催したいと思っています。


中止になってしまった回にお申込みいただいていた方々につきましては、個別に御連絡いたします。その方々へのご連絡が済みましたら、ホームページ等で改めてご案内させて頂こうと思っています。


正直言うと、少し前までは、東本願寺学院に通っていたり、副住職だったので身軽だったりという事もあり、仏教や宗教観について、今よりももう少し時間を割いて向き合えていた気がします。最近は、本来のお坊さんとしての仕事以外にも、住職(お寺の代表者)としての仕事も増えてきて、しかもそれらに慣れていないので、そっちに多くの時間を取られてしまっています。また、子供もいたりでプライベートの時間が限られてくる中でしたので、今回の『宗教を知ろう』が私自身にとっても良い学びの場となれば嬉しいです。


もちろん自己満足に走らず、来ていただいた方々に『宗教とは何か』という部分が少しでも伝われば幸いです。パネリストの方々は申し分ありませんので、あとは私がしっかり頑張るだけです。緊張感持ちながらやっていきます。


お楽しみに。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。