家族が集まるとき

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日はお昼頃に妻の実家に行ってきました。息子と里帰りしているのですが、妻の母方の祖父母(息子から見ると曽祖父母)がいらして、曾孫と初対面を果たしました。

お二人は府中で町の中華屋さんをやっています。85歳くらいで今だに現役。7月の石川旅行の際には今年いっぱいで辞めると仰っていましたが、今日は『辞めてもやることないから辞めない』と意見が変わっていました。とても元気です、すごいですね笑

息子が生まれてから再確認しましたが、家族が集まるのは家族の人数が変わったときですね。子供が生まれたり結婚したり、家族の人数が増えるときはもちろんですが、その逆のお葬式もそうですね。子供からも既にご縁を頂いているということです。今のところ本人は、おっぱい飲んで寝て泣いておしっこしてうんちしてるだけですが笑

明日は退院後の一週間検診です。体重測ったりするのが楽しみです。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事