top of page

家庭通信の執筆

8/26のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日はお寺の行き帰り以外はほとんど外に出ない生活でした。パソコン作業をパチパチとやっていたのが引きこもりの原因ですが、クーラーの効いた室内にずっといるのは、それはそれで体に悪い気がしましたので、お昼は出前で熱いお蕎麦をいただきました。そもそも肋骨骨折のおかげで運動もできていない中で、ヘルシーな蕎麦は大変ありがたいものでした。


脂っこいラーメンも大好きですが、蕎麦も結構好きです。今日はたぬきそばにしましたが、個人的にはカレーそばもお気に入りで、細めの柔らかい麺に和風だしの効いたカレーが絡むのが最高です。ルーの比率が高くなるので、うどんよりも蕎麦の方がいいんですね。カレーうどん派の方、是非お試しあれ。


=============

家庭通信の執筆 =============


冒頭でも少し触れたとおり、今日はパソコン作業をぱちぱちとやっていたわけですが、決して遊んでいた訳ではなく、法善寺の会報誌『家庭通信』の執筆をしておりました。今日始めたんじゃなくて、もうかれこれ一週間ほど経ちましたが、やっとこさ今日で終えることが出来ました。あとは一晩寝かせて明日もう一度確認をして、最終校正をして入稿いたします。


出来上がったんならさっさと入稿すればいいじゃないかと思いますが、一晩寝かせて見てみると、びっくりするような間違いに気が付いたりします。やっぱりその時は熱中して仕上げてしまうので多角的に考えられなくなっていて、落ち着いてから改めて見るのがとても大切です。ちなみに、もう既に間違いに気が付いていますので、明日修正します。


そして、細かい話ですが、今号から誌面サイズをB5からA4にしました。15%程大きくなり、その分フォントも大きくしたりして(10.5→12)、より見やすくなったのではないでしょうか。B5サイズが丁度良いと仰ってくださっていた方もいるのですが、そういった方にも『大きくして良かったね』と言っていただくのが目標です。


家庭通信の執筆は、私の仕事の中でも結構しんどい仕事の一つです。執筆作業はゴールがあるようでない、ただ締め切りはあるのでどこかで仕上げなければいけない、というものです。行事系のご案内であれば昨年のものを使いまわせばいいじゃないかと思う自分もいますが、やっぱりそこはより良くするために創意工夫をしているつもりです。いわゆる『タイヤの再発明』を毎号している感覚です。


ただ、そんな苦しみのおかげか、今号も良いものが仕上がったと思っています。より多くの門徒の方々に読んでいただければ嬉しいです。


今日もブログをお読み頂きありがとうございました。発送は八月末を予定しております。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page