安倍さんの事件の触れて

7/8のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


大変な事件が起こってしまいました。昼頃に、安倍さんが銃撃されたと言うニュースに触れ、その後も続報にかじりつきながら無事を祈っておりましたが、夕方過ぎに亡くなったことが報道されました。


今は子供たちの寝かしつけ終わりでこのブログを書いております。一緒に少し寝てしまい、そこからまたニュースを読みましたが、いまだに現実とは信じられません。ご家族、ご友人、関係者の方々に深く哀悼の意を表します。


日本でこんな事件が起こるなんて想いもしませんでした。私自身は自民党員でもないですし、もちろん安倍さんと面識があるわけではありませんが、本当にショックで、心が上の空です。やらなければいけないことがいくつかあるはずなのに、全然手に付きそうにありません。何と表現したら良いのか分かりません。


人が亡くなるということがいかに大きな出来事なのか、というのを改めて刻み込まれた日だった気がします。亡くなった方は戻ってきません。いくら文明が進化しようが、これはいつまで経って変わらない真実の一つです。参議院選挙はあと2日、というところです。他の方々におかれましても、くれぐれも注意しながら過ごしていただきたいと思います。


今は情報が錯綜してますし、私がその中から正しいことを見極められるはずもありませんので事件の詳細には触れずに、今日のブログはここまでとさせていただきます。


今日もブログをお読みいただきありがとうございました。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。