top of page

妻の誕生日

8/6のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日はそっこーで寝かしつけに成功しました。今までは横で一緒に寝ていれば寝てくれていたのですが、今週はそれが機能してなかったので、積極的に寝かしつけたことが奏功しました(のかもしれません)。積極的に、と言っても子守唄を歌う古来からの方法ですが、ばっちり寝てくれました。先人の知恵に感謝です。


寝かしつけを早く終えたかったのは、女子バスケの準決勝を見たかったという理由もあります。前半をリードして迎えた後半、3Qの途中から見ることが出来ましたが、そこからあれよあれよとリードを広げてフランスを破りました。試合に勝った瞬間、一緒に見ていた妻は鳥肌が立っていました。


正直言って、あまり注目していなくて知らない選手ばかりでしたので驚きです。大神、渡嘉敷、間宮、栗原、吉田あたりで止まっていたのですが、こんなに強くなっているとは知りませんでした。男子ばかりに注目していて、なんだか申し訳ないです。


これで決勝進出です。もう一度言います、これで決勝進出です。世界的メジャースポーツで、体格に劣る日本が、体格差が勝負を分けやすいバスケで、決勝進出です(3回言いました)。もうホント半端ないです。決勝の相手はアメリカ、もちろん強敵ですが、ここまで来たらぶち破って金メダル取って欲しいです。


=========

妻の誕生日 =========


さて、そんな今日でしたが、妻の誕生日でした。特に妻は子育てで多忙を極める毎日を過ごしていますので、超久々に2人でご飯を食べてきました。私と妻の両母に子供たちを見てもらいました。本当に有難いです。ゆっくりと夕食を食べるのは私自身にとっても貴重な時間でしたので、ある意味妻の誕生日に便乗した形です。

こういう時期ですので、電車移動しなくて済む上野、予約時間も17時と早めのスタートでした。お寿司が食べたいというリクエストでしたので、カウンターのお寿司屋さんに行ってきました。そもそも外食自体が久々でしたので、少し奮発させていただきました。回る寿司ばっか食べていますので(それはそれで美味しいけど)、カウンターで食べるお寿司は格別でした。


2人での食事とは言っても、やっぱり話題は子供のことが中心です。あの時可愛かったね、とか、あの時は大変だったね、とか、日常の話をつらつらとしていました。また、昨年の今頃のことを思い出したり、それに付随して父のことを思い出したり、そして10月に控えている父の1周忌の話なんかをしていました。


この1年を振り返ると、コロナがあり、父のことがあり、娘が誕生し、ホントに忘れられない1年です。これからの人生も色んなことがあって、この先平凡な1年は無い自信もありますが、こんなに多くのことが起こる1年も起こらない自信があります。信じられないような1年でした。


また、今日改めて思いましたが、外で食べる美味しい食事は身体だけでなく心も満たされます。今までは当たり前のように友人なんかと外で飲んだりしていましたが、今の時期はそれが出来ません。そんな中の久々の外での食事は、色んな意味で最高でした。こういう貴重な時間を作ってくれた、両母に改めて感謝の気持ちを抱きました。


1日も早く、今日みたいな当たり前の日常が、また日常になってくれることを願っています。ただひとまずは、誕生日おめでとうございます。良い1年になりますように。



南無阿弥陀仏

 

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page