top of page

変わりゆく街

2/4のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


最近、強盗殺人事件のニュースが頻繁に飛び込んでくるようになりました。治安が良いで有名な日本において、こういったニュースが連日報道されるのは珍しい気がします。何とも物騒な世の中になってしまいました。


怖いのは、全ての犯罪がフィリピンで捕まった主犯格が率いているグループによるものではないだろう、ということです。お寺の建て替えが終わったら我々もお寺に住むようになるわけですが、こういったニュースを見ていると住所も名前も公にバレているというのは結構恐ろしいことだな、と最近思うようになりました。


お寺の場合は、ほとんど皆さん仕事場と住居が同じ敷地内なわけですから、より一層の防犯対策が必要な気がします。セコムと契約するにしろ、ガラスを強化ガラスにするにしろ、お金がかかることばかりでうんざりしますが、安全には代えがたいものです。必要であれば、ケチらずに検討してみます。


===========

変わりゆく街

===========


そんな今日は所用で、車で青山の方に行ってきました。前職の時は、祐天寺や武蔵小山に住んでいて、職場が恵比寿ということもあって、青山や渋谷なんかは行動範囲内だったのですが、お寺に入ってからはさっぱり行かなくなってしまいました。すっかり下町のおじさん化です。


表参道なんかを久しぶりに通ると、入れ替わっているお店がたくさんあって驚きました。『こんなところにatmos出来てるんだ!』とか、『東急プラザの交差点、めっちゃ工事してるじゃん!』とか、まるで浦島太郎状態です。


そんな中でも特に驚いたのが原宿駅の東口側です。駅自体がキレイになっているのもそうですが、目の前に新しくて大きい商業施設(兼、上層階は住居?)が出来ていて、景色が一変していました。昔、親戚のおじさんが『渋谷や原宿は、私が小さい頃は何にもなかったんだよ』と言っていましたが、自分の子供が大きくなったら『昔、原宿のここらへんにはこんなお店があってね・・・』なんて言う話をしている自分が容易に想像できます。


ただ、変化している街はなにもそこだけではありません。週に一度は行っているであろう上野アメ横エリアも変わっています。先日妻に、アメ横にある天下一品(ラーメン屋)の場所を説明しようとしたときに、『斜向かいに昔マックあったけど、随分前になくなってたな』とか、『向かいにWE GO(古着屋)あったけど、今は薬局になってたな』とか思って、上手く伝えられませんでした。


こういった事も諸行無常というのでしょうか。街は人が作るものですので、人が変われば街も変わっていきます。また、年月という縁起も働いてきます。ずーっと同じ姿かたちを保てるものなんて存在しないわけで、これからも変化をしながら存在していくんだろうなと思います。


今日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。今を見て、昔を思い出した今日でございました。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page