声明学園の新年度まであと2週間

8/25のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


引き続き、肋骨の痛みに苦しみながら過ごしております。自分の体なので逃げようがないのですが、何とか辛くない姿勢や動作などを体に相談しながら頑張っています。一番痛みが出るクシャミは、鼻の下を押すと抑えることが出来るので(かとちゃんぺの動き)、助けられています。


ただ、少しずつですが良くなっているのは間違いありません。引き続き無理せず過ごします。


===========================

声明学園の新年度まであと2週間 ===========================


今週は木曜日、ということで声明学園の新学期まであと2週間となりました。


生徒の立場としては、昨年度で一応2年の課程を修了しましたので、今年度からは研修科に行って更なる研鑽を積むこととなります。本来であれば、祖父や父がそうしていたように、私も教える方に行かなければいけないのかもしれませんが、まだまだ実力も経験も不足しているのを自覚しています。研修科であと3年くらいは頑張らないといけないかな、と思っているところです。


運営の立場としては、今年は昨年よりも多くの新入生に来ていただけそうで、嬉しく思っています。昭和43年から続いている学校ということで、50年以上の歴史があるというのが一番の強みだとは思いますが、ホームページを見てご連絡してきてくださる方もいたりして、本当にうれしいです。こんな拙いブログですが、少しは書いている価値があったのかもしれません。


詳細は改めて、となるかもしれませんが、今年から新しい方が講師に加わってくださることになりました。真宗大谷派で准堂衆(じゅんどうしゅう)の資格を持たれている方です。


法善寺は大谷派ではありませんので、間違えたら怖いので詳しいことは差し控えますが、本山での声明講習会や別科での学びをされた後、そこで成績優秀だった方のみが得られる資格だそうで、そういった方が声明学園の講師に加わられるのは大変心強いことです。ちなみに、これは後々知ったことなのですが、私の遠い親戚に当たるそうです。こんなところでも、ご先祖様に助けられてしまいました。


また今年から、授業の時間外でも特別講習という形で授業を開く予定です。まだ日程や内容などは決まっておりませんが、声明とは少し違うかもしれないけど、日々の法務でより実践的に求められることを取り上げていければと思っています(着物の畳み方など)。詳細決まりましたらまたご案内差し上げます。


入学式まであと2週間ですが、引き続き新規入学者は募集しております。ご興味のある方は、メールなり電話なりDMなりでご連絡いただけると幸いでございます。


今日もブログをお読み頂きありがとうございました。生徒と運営の二刀流は大変な時もありますが、便乗して色々勉強できるので、ありがたい立場です。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。