声明学園の卒業式

7/22のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


すっかり遅くなってしまいましたが、今日は娘の初参りを記念して写真館で写真を撮ってきました。真夏にスーツはなかなかしんどかったですが、滅多にあることではありませんのでそのしんどさも含めて楽しめました。


息子の時もお世話になった写真館で、家族写真なんかをバシッと撮ってくれます。前回は大体1年半前でしたが、子供たちの成長を記録する意味でも定期的に写真館で写真を撮るのは悪くないなーと思いました。日頃の写真ももちろん良いですが、写真館でバッチリ決めた写真も良いものです。


早いもので、あと2ヶ月で息子が2歳になります。この瞬間は戻ってきませんので、日々の成長を記録にも記憶にも焼き付けていきたいと思います。


==============

声明学園の卒業式 ==============


さて、そんな今日でしたが、夜に声明学園の卒業式(修了式)がありました。声明学園は9月始業の7月終業ですので、毎年この時期(お盆翌週の木曜日)に卒業式を行っています。


卒業式、と言ってもただ表彰がある訳では無く、その前に報恩講を想定した勤行を行いました。卒業する2年生を中心に役を決めていき、足りないところを1年生や研修科の生徒さんで埋めていく形です。私も内陣に入りまして、一生懸命お勤めさせていただきました。

#もちろんマスク着用


普段の法事では一人でお勤めすることがほとんどですので、大勢でのお勤めはシンプルに気持ちが良かったです。音に包まれる感覚が心地よく、本堂でお勤めをする意義みたいなものを改めてこの身に頂いた気がします。


お勤め後に、表彰式がありました。卒業する2年生には修了証、研修科で研鑽を積まれた方には修練証、休まず通われた方には皆勤賞、ほぼ休まず通われた方(3回以内)には精勤賞を用意して表彰させていただきました。私が準備していたのですが、私自身も精勤賞を頂きました。自分で表彰状も副賞も準備して、自ら頂くという謎の流れを味わいました。


ちなみに、『自分のお寺でやっておいて、皆勤じゃないんかい』と突っ込まれそうですが、父が亡くなった日が丁度木曜日で、その時に授業に出られなかったのが唯一のお休みでした。あの時もお寺にはいましたので、まあ皆勤みたいなものです。そういうことです。


また例年であれば、進級する1年生にも表彰状をお渡ししているみたいなのですが、私の準備には漏れておりました。失礼いたしました。


卒業式終わり、例年でしたらプリンなんかをみんなで食べながら雑談する時間を設けているのですが、今年はコロナ対策という事で持ち帰り用のお菓子とさせていただきました。何だか味気ない気もしますが、仕方ありません。来年こそは、またみんなでプリンを突き合う平穏な日常が訪れてくれることを祈っています。


声明学園は、夏休みだけが唯一の長期休暇となります。それ以外は、年末年始(長くても2回)、お彼岸(春秋の計2回)、7月のお盆(1回)だけが休みとなります。平日木曜日の午後7時からですし、そう考えると皆勤賞を成し遂げるのはなかなかハードルが高いですね。達成された方々、おめでとうございます。


新学期は9月9日からとなります。新たに入学される方、以前通っていたけどまた始めたい方、動機は様々かと思いますが、どなたも歓迎しております。好きな科目だけの受講も可能ですので、興味のある方は是非ご連絡くださいませ。


電話:03-3844-7613

メール:info@houzenji.org


皆様のご参加、心よりお待ちしております。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka-

特集記事
最新記事