top of page

囲碁にハマり始めた今日この頃

4/18のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


昨日の書道の課題提出から一転し、今日は同人展の制作に励んでおりました。こういった制作に終わりはないのでどこで区切りをつけるか、という話になってきますが、今日は少し趣を変えて磨った墨で書いてみました。


にじみが出る分、潤渇の差は出しやすかったりしますが、墨汁よりも筆が変に固まってしまい太細は出しにくかったりします。まぁスキルが足りてないのは自覚してますが、ギリギリまで色々と試して締め切りを迎えたいと思います。


==============================

囲碁にハマり始めた今日この頃

==============================


ここ最近、囲碁に少しハマってきました。元々私の曽祖父が囲碁のプロ棋士だった(らしい)のですが、その息子である祖父も囲碁が好きで、という家系です。父にはハマらなかったみたいですが、


また、お寺の総代さんにプロ棋士の方がいらっしゃり(曽祖父のお弟子さん)、別の総代さんが熱心に囲碁に誘ってくれている、というありがたい環境で、やっとこさ始めてみました。まだまだ毛すら生えていない素人ですが、最初の一歩は踏み出した感じがします。


スマホのアプリでもやったりしますが、やっぱり人と実際に対面でやらないと上手くならない気がします。もっと上達すれば自分自身で反省・検討したりも出来るのでしょうが、まだそれは出来ないので、上手い人に教わりながらの方が遥かに勉強になります。


白と黒の石を並べるゲームなわけですが、将棋のように駒による特性みたいなのはありません。一手は一手、それ以上でもそれ以下でもないわけですが、それなのに優劣がつくわけです。要は使いようなのですが、そこに奥深さを感じています。


自分で言うのもなんですが、この手のゲームは性に合っている気がします。まだ9路盤でしかやったことがないくせに言えたことではありませんが、緻密な感じが好きです。細かい男なんですね、私は。


囲碁をやることは誰かに焦らされているわけでもないですし、細々と付き合っていければなぁと思っています。囲碁をやることによって、人付き合いなどにおいてもまた新たな世界が見える気がして、とても楽しみです。


今日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。19路盤はまだ怖い。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page