勤労感謝の日

11/23のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は火曜日、祝日でしたが週に一度のバスケの日です。大体、週に一回のジムトレ、週に一回のバスケ、というサイクルで運動しています。もう30歳も過ぎてこんな調子だと、運動能力は向上しようがありませんが、仕事や家で過ごす時間と相談しながらですと、こんな感じで落ち着いています。


とはいえ、今日はボロボロでした。一緒のチームになってしまった皆さんには謝っても謝り切れません。シュートは全然入らないし、ディフェンスでは足動かないし、判断悪いし、ホント良いところがありませんでした。ホントすみませんでした。


練習終わりに、自分への戒めの意味も込めてセブンティーン(サイドラインからサイドラインを17本=8往復半、休まずに走るトレーニング)で追い込みました。明日、いや明後日は筋肉痛必至ですが(30過ぎると筋肉痛は遅れてやってくる)、もっと走れる体を手に入れたいものです。

#ただ怪我はしたくない

#絶対に


===========

勤労感謝の日 ===========


さて、今日は勤労感謝の日でした。英語ではThanks Giving Dayと言い、アメリカではとても大きな祝日です。アメリカ人って休んでばっかってイメージがあるかもしれませんし、確かにバケーションとかでドカッと休む文化はありますが、祝日の数は日本の方が圧倒的に多いです。


アメリカの祝日は数えるほどですが、このThanks Giving Dayはその祝日の一つです。学校は秋休み(5日間くらいだったかな?)となり、ほとんどの学生が寮から出て実家に帰ります。一度アメリカ人の友達に招待されて、その友達の実家に泊りに行かせてもらいましたが、親戚が集まって、みんなでターキー(七面鳥)を頂いた覚えがあります。今考えると、とても貴重な体験をさせて頂きました。


また違う年には、ウォルマートで行われるブラックフライデーのセールにも行ってきました。早朝からセールが始まるので、その前の夜からウォルマートの駐車場は車で溢れていました。店内もいつもとは全然雰囲気が違って、大型テレビが棚積みで陳列されていたり、いわゆる目玉商品には(あの田舎ののほほんとしたアメリカ人が)行列を成してセールの開始時間を待ちわびていました。


最近は日本でも聞くようになった『ブラックフライデー』というワードですが、セールが行われるので黒字になるからブラックフライデーと呼ばれるみたいです。と聞いたのでそう信じていましたが、改めて調べてみると、警察官にとって(買い物客でごった返すため、治安を守る)多忙な一日、というのが由来だそうです。

#信じるか信じないかはあなた次第


結局セールだからと言って何か欲しいものがあったわけでもなかったので何も買いませんでしたが、あういう雰囲気を味わえただけでも面白かったです。やっぱり非日常で得た体験こそが記憶には残っているので、(割と色々した方だとは思いますが)留学中にもっと色んなことが出来たんじゃないかなーと思い返します。


息子や娘にとっても、非日常こそが思い出になるはずですので、そういう機会をたくさん提供してあげるのが親の務めかなーと最近思っています。休みの無い仕事なのでなかなか時間を作ってやれなくて申し訳ない時もありますが、たまには時間を作って子供たちのために時間を使ってやりたいと思います。


そのためにも仕事を頑張らないといけないですし、健康な体がなくては始まりません。既に少し腰が痛いですが、大きな怪我や病気をしない冬にしたいと思います。みなさんもお元気にお過ごしくださいませ。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。