今の状況に感謝

5/7のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


緊急事態宣言の延長が(ついに)決まりました。今月末までだそうで、先の見えない戦いが続いております。


そんな中届く、MLBでの大谷選手の活躍のニュースには、私だけじゃなくて多くの人が勇気づけられているんじゃないでしょうか。本日第10号を放ち、なんとなんと、ホームラン王争いでトップタイに君臨しているそうです。しかも昨日は投手として先発したばかりです。


厳しい日常にほっと一息つける時間を作るのがプロスポーツの大変大きな意義だと思っていますので、大谷選手には本当に感謝です。このペースで、ホームラン王になって欲しいです。頑張ってください。



==============

息子は保育園通い

==============


娘が産まれたこともあり、実は今週から上の息子が保育園に通うことになりました。平日だけじゃなくて土曜も見てくれるところですので、私の仕事柄大変助かります。ただし、今週はまだ慣らし保育ですので、一時間だけ行ってすぐに帰ってきます。来週前半は2時間、後半は3時間、再来週は4時間、といった具合で段々と時間が長くなります。


昨日が初日でして、妻が連れて行ってくれました。離れる時は意外と泣かなかったみたいですが、引き取りに行った時に別の子が泣いたのに共鳴して泣いてしまったみたいです。2日目となる今日も妻が行ってくれたのですが、離れる時も引き取りの時も泣かず、良い子にしていたみたいです。


保育士さんの書いてくれた連絡帳によると、給食の先生に『おはよ』と声を掛けていたり、お友達と一緒に遊んでいたり、楽しそうにしていたみたいで、頼もしい限りです。やっぱりお寺にずっといては同世代の子供と触れ合うことはあまりありませんので、保育園は社交性を育むには良い環境なんだと思います。新しい環境に入った息子がここから成長していくのか、楽しみです。



=============

今の状況に感謝 =============


そして今日の午後は、令和2年度の収支決算書を提出してきました。年度自体は3月末で終わっていますが、やっぱり決算書を提出するまでは何となく気持ちが落ち着きません。提出したことで、無事に年度を終えられた気持ちになります。


父無しで行う決算作業は初めてでしたが、他のお寺さんや家族の手伝いもあって、色々あった令和2年度も何とか無事に終えられることが出来ました。日本にとってもそうですが、法善寺にとっても未だかつてないほどの年度であったことは間違いなくて、そんな中でも無事に終えられたのは、偏に法善寺を支えてくださる門徒さん達のおかげでございます。本当にありがとうございます。


当然と言えば当然ですが、法善寺の周りのお寺のご住職から比べると、私は頭2つくらい飛び抜けて経験が浅いです。みなさん大体父と同じくらいの世代の方か、もしくはそれよりも上の方ばかりで、住職経験も人生経験も私より遥かに上をいっています。また、私のことを小さい時からご存知の方ばかりで、そんな方から見れば私はかなり危ない存在なはずです。


ただそれでも、みなさん本当に力を貸して下さって本当に助かります。正直、父には言いにくかった事でも私になら話せることもあるはずで、そういう皆さんの声を聴ける環境にいることは大変ありがたいことだなと最近改めて思います。


逆に私自身も、今の状況だから聞けることもたくさんあります。今のうちにたくさん恥かいて頭下げて勉強しておかないと、それこそ父が亡くなったような年齢頃になってからは、なかなか聞きにくいことだってあるはずです。


父が早くに亡くなってしまったことはもちろん残念ですが、それでもこういう環境にいられることに感謝し、これをきっかけに更に成長していければと思いました。日々勉強でございます。



南無阿弥陀仏

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら

 →https://www.houzenji.org/houzenji-no-wa


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

 →https://www.houzenji.org/danka

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。