top of page

久々の渋谷

11/20のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日から日本シリーズが開幕しました。コロナ禍が当たり前になって久しい今日、何だか普通にスポーツの話題が出来る事に違和感を覚えている自分がいます。それと同時に、スポーツの話題が出来る有難さも感じていて、やっぱりスポーツって良いよなーと思っています。


結果は、オリックスが9回裏に逆転でサヨナラ勝ち、これでパ・リーグのチームが日本シリーズ13連勝となったみたいです。特にどこのファンという事もありませんが、東京のチームなので何となくヤクルトを応援していた自分にとっては残念ですが、良い試合だったので満足です。バスケもそうですが、シーズンにはない緊張感を味わえるのがポストシーズンの面白さです。引き続き注目していきます。


=========

久々の渋谷 =========


さて、今日は夕方から久々に渋谷に行ってきました。姉の旦那さんの誕生祝いにご飯を食べようという事で、規制も緩和されているので、お互いの子供たちも揃ってではおそらく初めての外食をしてきました。


そもそも渋谷駅に降りたのも久々過ぎて、完全に浦島太郎状態になっていました。銀座線のホームがヒカリエの方になってるし、東横線とかに続く地下への入り口が無くなってるし、ハチ公前改札が宮益坂の方から通り抜けられるようになってるし、方向感覚を掴むのにすら少し時間を要してしまいました。


また、人出もめちゃくちゃ多くて焦りました。昔、地方の方が渋谷の人出を見て『今日はお祭りかなんかあるんですか?』(※もちろん只の平日に)と仰っていましたが、今日は私もまったく同じ気持ちになりました。


こんな多かったっけ?と妻(渋谷出身)に聞くと、こんなもんだったよ、という答えが返ってきて、コロナ前に戻ったかのようで、嬉しいような怖いような、複雑な気持ちになりました。中学生の時に初めて原宿に行った時、竹下通りを見て『これだけ人が密集してたら大玉転がしできるじゃん』と思ったことを思い出しました。

#どうでも良い記憶


お店はパルコの方だったのですが、スクランブル交差点渡ってからは、昔の渋谷とそこまで変わった様子もありませんでした。もちろんお店が無くなったりはしていますが、区画が変わるような駅前ほどの大きな変化は見られませんので迷わず着きました。


そして夜ご飯は、シュラスコを頂きました。ブラジル料理なんでしょうか?お肉がどんどんと運ばれてきて、食べまくるスタイルです。私は、炭水化物なら大量に食べられる自信がありますが、お肉系は脂が苦手なのでたくさん食べられません。ですので、美味しそうなやつだけを選り好みしていただきました。サラダやデザートはバイキング形式ですし、とても美味しく健康的に頂けました。


コロナ前までは当たり前のように出来ていた外食も、これだけ久々だと少し罪悪感すら出て来ます。ましてや渋谷のあの人混みです。ただそれでも、やっぱり楽しむべきものはしっかりと楽しめるマインドに切り替えなきゃいけないなという気持ちになりました。いつまでもコロナにビクビクしている生活を続けるわけにもいきません。前を向いて、明るい未来に向かっていきたいと思います。


渋谷でのご飯にここまで考えさせられるのもコロナのせいですね。ある意味有難いご縁として頂きながら、また台東区に引きこもった生活を続けます。



南無阿弥陀仏

-------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。