top of page

ワクチン接種1回目

7/26のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


ついに、5人制バスケ男子日本代表の試合が始まりました。現在スペインとの試合をテレビで観戦しながらブログを書いています。史上最強と目される今の日本代表ですが、グループが同じ国々も強豪ぞろいです。何とか一勝をもぎ取って欲しいなと思います。


================

ワクチン接種1回目 ================


さて今日は午後にワクチン接種に行ってきました。まだ1回目ですが、ついに1回目のワクチン接種です。こんな感じでした、というレポートをしますので、もしご予定のある方は参考になさってください。

親戚が清水建設のグループ会社で働いていることから、その職域接種に入れさせていただきました。会場は宝町駅すぐ近くにある清水建設の本社2階です。


ワクチン接種には妻と娘と一緒に行きました。娘はワクチン接種しませんが、置いて行けないので妻が抱っこしてくれていました。まずは受付で予診票を提出、そこから先に進んでいくのですが、接種者以外は一緒に先へ進めないため、まずは妻が接種に向かい、私は娘と待機していました。ワクチン接種、そして15分の待機時間も終え、妻が戻ってきてから今度は私が接種に向かいました。


先に進むと、予診票の内容を確認されたり、名前や時間枠の確認をされ、いざ接種。広い会場内に大量の椅子が6列くらいに配置され、そこで座っているとお医者さんが後ろから順番に回ってくるシステムです。注射はほとんど痛くないという話を聞いていましたが(祖母は打たれたことに気が付かなかったらしい)、そんなことはありませんでした。確かに採血の時ほどは痛くありませんでしたが、その半分くらいの痛みはありました。でもまあ、余裕な痛みです。


接種自体は一瞬で、そこから15分の待機時間があります。会場内のルールとしてスマホをいじることが禁止されているため、何もできないまま、ただ座っている15分でした。こりゃ寝るしかないなと寝ていたら、17分くらい経っていて係の人に起こされてしまいました。副反応でぐったりしてるんじゃないかと心配される始末、申し訳ございませんでした。2回目の接種の時は、本を持っていこうと思います。


清水建設の職域接種という事もあってか、会場には工事現場の職人さんの様な人もちらほらいらっしゃいました。妻が戻ってくるのを待っている間も断続的に人が入ってきていて、個人的には『すごいペースで接種が進んでいるな』と思いました。若い人も多かったです。


気になる副反応ですが、今のところ肩が少し痛むくらいで問題ありません。インフルエンザの予防接種を受けたときもこういう反応でしたので、筋肉注射としては想定の範囲内という感じです。明日以降どうなるか分かりませんが、まあ大丈夫じゃないかと気楽に構えています。


ということで、1回目のワクチン接種はこんな感じでした。会場によって細かいルールが違うかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。2回目はちょうど4週間後の8月23日です。お彼岸までに間に合いそうで、良かったです。


では、明日以降もより一層お仕事頑張ります。日本代表を応援したら寝ようと思います。



南無阿弥陀仏

 

新型コロナウイルスでお困りの方へ

『法善寺の輪』はこちら


法善寺の檀家になってくださる方はこちら

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
bottom of page