バスツアーの下見

7/24のブログです。


こんばんは。

法善寺住職の中山龍之介です。


今日は日曜日でしたが珍しく年忌法要の予定が入っておりませんでしたので、家族でのお出かけも兼ねて、今年の10月に開催予定のバスツアーの下見に行ってきました。バスツアーは平年では年に一回開催していたのですが、ここ2年間はコロナ禍のため開催を見送っており、今年から3年ぶりの再開を目論んでいます。


ただこの感染者数で警戒心が強まっている方も多いので、無事に開催できるかはまだちょっとわかりません。すでにご門徒の方々には、会報誌『家庭通信』を通じてご案内差し上げておりますが、ホームページでは改めて時期を見てご案内差し上げようと思います。


===============

バスツアーの下見 ===============


まあ詳細は後日の案内で述べるとしますが、行先としては①牛久大仏、②筑波宇宙センター、③ひたち野(昼食)といったところです。今日はそのうち、①牛久大仏と②筑波宇宙センターに行ってきました。子供も一緒でしたし、めちゃくちゃ暑かったのでたっぷりと時間を使うことは出来ませんでしたが、下見としては成果十分だったんじゃないでしょうか。


まず牛久の大仏ですが、我らが本山、浅草の東本願寺によって造られた世界最大のブロンズ立像です。高速からもそのお姿が拝見でき、まず最初にみんな抱く感想は、シンプルに『でかっ!』じゃないでしょうか。高さ120mの大仏様は、本当にめちゃくちゃでかいです。

#奈良の大仏は15m

#鎌倉の大仏は13m


胎内にも入ることが出来るのですが、子供たちはなぜか大はしゃぎしてました。おそらくそれまで車に乗っていて動けなかったし、外に出たら出たで暑かったので、その抑制された心と体が胎内で爆発したんじゃないでしょうか。清浄なる胎内でうるさくしてしまい、申し訳ございませんでした。


そのあとは動物とのふれあいコーナーへ。ブタやヤギやウサギがいる場所では餌やりができるのですが、息子が積極的に楽しんでいました。実はちょっと前に上野動物園に行こうかと話をしていたのですが色々あっていけず、その気持ちがここで発散できて良かったです。小さな子供がいる方にはぴったりの場所だなと思いました。


帰りに事務所に寄り、10月のバスツアーの件で担当者の方にご挨拶をさせていただきました。調整してくれたさきたくん、ありがとう。ご担当の方には申し訳ないくらい丁寧にご対応してくださり、本当にありがたかったです。今日の下見の内容なら、法善寺の門徒の方々にも喜んでいただける手応えを掴みました。


お昼をはさんでからは、筑波宇宙センターに行きました。宇宙兄弟好きの私からすると、JAXAの施設というだけでめちゃくちゃテンションが上がります。実は2年前くらいから来たいという願望があったのですが、今日やっと叶いました。


着いてみると敷地が想像していたよりも全然広くて驚きました。その敷地内に複数の棟が建っていますが、今日は時間の関係上、実物大のロケットと、『きぼう』が展示されているスペースドームしか見られませんでした。ほかにも面白そうな棟がいくつもあり、事前申し込みすれば施設内を回れるバスツアーがあるそうで、法善寺のバスツアーではそれに申し込む予定です。


今日回れた場所はごくごく一部でしたのでまだ未知数なところはありますが、それはそれで本番の楽しみにできるかなと思っています。息子もロケットを見て大興奮でしたので、こちらも子供ウケ間違いなしでしょう。


バスツアーの場合、私たちも一緒に参加しますが、もてなす側でもあります。当日に何かあったときに対応できるようにしたり、何か聞かれたら最低限のことくらいは答えられるように、今日みたいな下見は大切です。家族でのお出かけを兼ねたのは間違いありませんが、一応仕事ということで、ご勘弁ください。


今日もブログをお読みいただきありがとうございました。それにしても暑かった。



南無阿弥陀仏

-------------------------------------------------------------


www.houzenji.org

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。