ハロウィン

こんばんは。

法善寺副住職の中山龍之介です。

本日は午前中、葬儀に行って参りました。昨夜のお通夜は住職である父が伺ったのですが、本日は他の予定が既に入っていた関係で、私が伺いました。会場は神奈川県の平塚市にあるセレモニーホールでした。

病み上がりということもあり、少しお聞き苦しい箇所があったかもしれませんが、無事に葬儀は終了。次はお棺へのお花入れです。お菓子が少し用意されているのが見えましたが、故人の好きなお菓子かな?ぐらいにしか思わず、お菓子よりも先にお花入れが終了。そこで斎場の担当者から衝撃のアナウンス・・・。

『本日は10月31日、ということでハロウィンでございます。お菓子を少しご用意しましたので、小さいお子さんの手で、是非お棺に入れてあげてください』

マジか、、、と大変驚きました。仏式の葬儀の最後に、ハロウィンを引き出してくるとは。。。敢えてセレモニーホールの名前は挙げませんが、段々と腹が立ってきました。その場で注意しようかと思いましたが、既に後の祭り。皆さんが注目している中での流れを壊すわけにはいかず、その場は黙認しました。

最近ではハロウィンもすっかり定着し、一般の方から見れば、そんな感覚なのかなとも思いましたが、今回のは明らかに斎場側の演出で、宗派の名を出して葬儀を勤めたこちらからすると、たまったモノじゃありません。『浄土真宗東本願寺派は葬儀にハロウィン取り込んでも良いんだ』と思われてしまったらどうするつもりなんでしょうか。

ご想像の通り、お寺に帰ってきてから速攻電話して注意しました笑 ハロウィンのこと以外にも、斎場側の勝手な宗教観で話をしている場面もあり、それも宗派の競技に異なります、と大人としての意見を言わせていただきました。

葬儀を生業とするプロならば、その辺りには当然気を遣ってほしいと思います。社内で意見を共有すると仰っていましたが、私の意見は響いているでしょうか。。。なかなか伺う機会の無い斎場ではありますが、私ではなく次の誰かが傷付かないように、しっかりしてほしいと思います。

皆さんなら、どう対応しますか?ご意見などあれば有り難いです。

南無阿弥陀仏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

年間行事のお知らせや、副住職の日記の更新などを​お知らせいたします。ご登録宜しくお願いします。

LINE
法善寺家紋

​浄土真宗東本願寺派

龍飛山法善寺

〒110-0015

東京都台東区東上野6-17-3(MAP)

最寄り駅:東京メトロ銀座線『稲荷町駅』 徒歩5分

       JR『上野駅』入谷口 徒歩7分

電話 :03-3844-7613

FAX  :03-3844-7942

メールinfo@houzenji.org

■お問合せはこちら

© 2020 法善寺 All Rights Reserved